免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

便秘のセルフケア|ミント温湿布の温熱効果と薬理効果で腸を活性化

f:id:menekidaimaou:20170707210353j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

 

排便力を付け、便秘を改善するためのセルフケアの一つとして、「ミント温湿布」があります。これは、別のページでご紹介しています「腸もみ」と同じように、腸を刺激して活性化するのに大変効果的とされています。これは便秘でない方でも、何らかの疾病で開腹手術を受けた後は腸の動きが悪くなり、一時的に便秘が起こりやすいと言われています。

 

 今回のお話は、ミントの力で腸に刺激を与えて活性化させる外からの便秘のセルフケアとして、外からのアプローチの一環である、「ミント温湿布」の効果ややり方についてお話していきます。

【目次】(クリックでとびます)

ミント温湿布とは?

f:id:menekidaimaou:20170707211814j:plain

ミントの高い温熱効果(ハッカ油を使用)

ミント温湿布(メンタ湿布)は、開腹手術を受けた後の患者さんに対して、病院などの医療機関で昔から行われてきた補助療法になります。

 

メンタとは、ミントのメントールから取られたものであり、メントールの薬理成分が肌から体内に入ることにより胃や腸などの消化器に作用します。実際の補助療法の現場では、ハッカ入りのお湯に浸けたタオルをあてる方法(メンタ湿布)が昔から行われてきました。

ミント温湿布のやり方

f:id:menekidaimaou:20170707215033j:plain

●用意するもの

・沸騰させたお湯

・ハッカ油(ペパーミントのアロマオイルでもO.K)

・タオル

・ビニール袋

 

f:id:menekidaimaou:20170707215244j:plain

●手順と方法

①お湯の中にハッカ油を1滴垂らし、よくかき混ぜる。

②タオルを①のお湯の中に浸け、軽く絞ってビニール袋で包み込む。

③さらに乾いた大き目のタオルで包み、腰にあてる。

 

 

f:id:menekidaimaou:20170707215407j:plain

ハッカ油に入った、ペパーミントなどの薬理成分は、腸のガスを排出させたり、胃の働きを良くしたりと、胃腸に大変良い影響を及ぼします。

 

ミント温湿布のやり方は、ハッカ油を入れたお湯にタオルを浸け、それを腸神経や骨盤の神経が集中している腰や背中にあてます。この温熱効果により腸の神経が刺激されて、体を温めることによって、腸の動きが良くなるという効果が期待できます。

 

f:id:menekidaimaou:20170707215639j:plain

 

このように旦那様かどなたか、やってくれる方がいらっしゃればよいのですが、そうでない場合は、座って腰にタオルを自分であてましょう。

 

ミント温湿布は、腰だけではなく腰背部からお腹伝体を大きめのタオルで包み込むと、まんべんなく温めることができます。



頭痛や肩こりにも効果を発揮

ミント温湿布をやって、嬉しいところは、腸の活性化による便秘の改善だけでなく、頭痛や肩こりにも、ハッカ油のメントール成分が良いらしく、ハッカ油の原液を薄く指にとり、こめかみや肩の痛いところに塗ると痛みが解消されるようです。

f:id:menekidaimaou:20170707221029j:plain

ボクも、昼会社でパソコン作業をし、夜もこのブログを書くのにまたパソコン作業の影響で、肩がこるようになってしまっていますので、さっそく試してみたところ、スッキリして肩こりが楽になり、よく眠れました。

 

 ★関連記事:ペパーミントの効果

www.menekidaimaou.com

ストレス対策のリラクゼーション効果としても有効

f:id:menekidaimaou:20170707221536j:plain

就寝前のミントティーが有効

その他、ミントにはストレス対策のリラクゼーション効果が高いとしてアロマテラピーなどで広く使用されています。

 

ミント温湿布以外の使用用途としては、「ミントティー」が大変人気が高いです。ミントを原料としたミントティーには、女性のお悩みとして多い「冷え性」の予防や体内の老廃物を排出させる「デトックス効果」が高いとされています。

 

女性で便秘になる方で多いのが、

●仕事や家庭のストレス

●環境上、トイレに行きにくいというストレス

●便秘の悪化で排便が出来ないというストレス

など、様々なストレスを抱えてらっしゃる方が多いのに驚かされます。

 

排便には、自律神経の働きが大きく関わってきます。リラックスしているときに優位になる「副交感神経」を活性化させるのに良いと注目したいのは、就寝前にミントティーを飲むことです。

 

ミントティーには、先ほどお話しましたような冷え性予防やデトックス効果のほかに、整腸作用やそれによる美肌効果、そして何よりも気分をリラックスさせて副交感神経の活性を高める作用があります。

 

「ミントティーってどうやって作ればいいの?」と言う方のために下にレシピを用意してみました(^^♪

 

ミントティーのレシピ

●材料

・ミントの葉:5枚

・お湯:500ml

 

●作り方・手順

①ミントの葉を丁寧に水洗いする。

②歯をちぎってポットに入れる。(粗目で良い)

③熱湯を注ぎそのまま待つ。

蒸らす時間が長いと味が濃いめになりますので、そこはおい好みで調整すると良いでしょう。

④カップに注いで出来上がり!

お好みではちみつやレモンを入れても美味しいですね。

f:id:menekidaimaou:20170707224443j:plain

 

 ミント温湿布とミントティーで外と中の両方からのアプローチが排便力を高めて、便秘を改善するセルフケアとして有効です。是非お試し下さい。

 

 

あとがき

f:id:menekidaimaou:20170329221850j:plain

ハッカ油は、ドラッグストアでも、大手通販でも比較的安価でお手軽に入手することができます。慣れてない方や、始めての方でもわりと簡単に取り扱いが可能ですので、めんどくさがったり、怖がったりせずに興味ある方は試してみられることをおすすめします。

私も、私の知人も試してみて意外と効果が高いことに驚いています。

【スポンサーリンク】

プライバシーポリシー

免責事項