免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

特定保健用食品(トクホ)のファイブミニで食物繊維を摂ろう!セルフケアで健康維持

f:id:menekidaimaou:20170630215213j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

 

上の写真の撮り方が下手過ぎてわかりにくいかもですが、ポカリスウェットやカロリーメイトなどのスポーツ関連の食品で有名な世界の大塚食品が誇る、特定保健用食品(トクホ)の繊維飲料「ファイブミニ」です。

 

この飲料が発売されたのは、確かボクが20歳ぐらいの時ですので、もう30年近くが経過しているのですが、また最近の健康志向や「菌活」「腸活」ブームにより、また注目を集めているようです。しかも知らぬ間に「特定保健用食品」(トクホ)となっていました。(知らなかった・・・)

 

 お腹の調子を整える機能の表記が許されたトクホのファイブミニ。今回は、このファイブミニにスポットを当てて、その特徴などをお話していきます。

【目次】(クリックでとびます)

お腹の調子を整える「トクホ」のセンイ「ファイブミニ」の特徴

f:id:menekidaimaou:20170630220835j:plain

出典:大塚食品 ファイブミニ商品情報 

https://www.otsuka.co.jp/fib/products/index.html

日本ではイチ早くの食物繊維飲料のトクホとして認められました

ボクの記憶では、”ヤマダかつてないセンイ”というキャッチコピーで、タレントの山田邦子さんのCMで売り出されていたファイブミニ。メーカーの大塚食品さんの公式サイトで調べてみますと、発売が1988年(昭和63年)ですので、まだその時はトクホの制度が無かったときですね。

 

★そもそも特定健康食品(トクホ)ってどういう意味?

f:id:menekidaimaou:20170630223245j:plain

トクホとは、1991年に栄養改善法で法制化された食品で、「特定の保健の保健の目的で摂取する者に対し、その摂取により当該保健目的が期待できる旨の表示が許可された食品をいう」と定義されています。

 

特定保健用食品(トクホ)の制度が制定されたのは1991年であり、ファイブミニはその際に、今より含有量が少なかった食物繊維の量を6gに増量し、実験データを揃えて、食物繊維飲料として、特定保健用食品の許可を取得したようです。

 

メーカーによる、排便効果などのデーター

ファイブミニの健康作用は、メーカーである大塚食品の公式サイトに、そのデーターが明記されており、それはかなり具体性があるデーターが載せられています。

ちょっとその一部だけをご紹介しますと・・・

f:id:menekidaimaou:20170630222434j:plain

出典:ファイブミニ 公式サイト 

https://www.otsuka.co.jp/fib/

これを見ますと、ファイブミニを摂取する前と摂取した後の排便の状態の違いや変化がグラフで載せられています。摂取するとかなり健康効果が期待できるようですね。

 

ファイブミニは、摂取することで不足しがちな食物繊維を補うのが目的ですが、具体的にどのぐらいの量を摂取すれば効果的なのでしょうか?

 

理想的な1日の食物繊維の摂取量は25g

専門家の方が言うには、1日あたりの食物繊維の摂取量は25gが理想的だと言われます。

25gと聞くと一瞬「なんだ、それだけでいいの?」と考えがちですが、実際の25gがどれぐらいの量かと言いますと、食物繊維の量が特に多いと言われているこんにゃくを例に挙げてみますと、こんにゃくの200mlの計量カップ一杯あたりに含まれる食物繊維の量が約4.7gですので、こんにゃくから25gの食物繊維を摂ろうとしますと、約200mlの計量カップを5個分のこんにゃくを食べないといけない計算になります。かなり多いですね。この量の食物繊維を毎日食品から摂取するのは大変ですね。

 

現代の日本人の食物繊維の摂取量は、1日あたり14gが平均のようです。この食品から摂取する食物繊維の量を頑張って20gまで増やして頂き、あとの足りない5g分をファイブミニで補うようにすれば、1日25gをクリアすることができます。

 

このことから、ファイブミニの理想的な摂取量は1日1本ということになりますね。1日1本であれば、コンビニで1本が113円(税込)ですので、続けることが可能ですね。

 

 

ファイブミニの効果的な飲み方

f:id:menekidaimaou:20170630225911j:plain

ヨーグルトと一緒に摂るのがおすすめ!

ボク免疫大魔王が、ひさびさにファイブミニをのんでみました。しかも大好きなタカナシ乳業のヨーグルト「おなかにGG」と一緒に!微炭酸の独特な味と飲みごこちのファイブミニと大好きなタカナシのヨーグルトのゴールデンコンビでボクにとっては至福のひと時でした。

 

皆さんご存知の通り、食物繊維は乳酸菌と一緒に摂ると、整腸作用が高くなり、より一層の効果が期待できるのです。おやつとしておすすめですので、是非ためしてみられてはいかがでしょうか?

 

うん、本当に美味しいですね!

 

ファイブミニを大人買い!

いっそのことですが、Amazonでファイブミニを大人買いしてみるのも良いかもしれません。下は、50本まとめ買いの場合ですが、コンビニで1本づつ買うと1本¥113(税込)なのが、まとめ買いだと1本あたり¥95(税込)で買えます。しかも送料無料!


こういう大人買いは無駄遣いではありません。本当に体に有意義なお金の使いかただと言えるのではないでしょうか?

 

皆さんも、美味しく飲めて体に良いファイブミニを飲んでみて下さい。(#^^#)

 

あとがき

f:id:menekidaimaou:20170331232123j:plain

ファイブミニも発売から30年近くが経つのかということを 考えますと、ボクも年を取ったなあとふと、寂しい気持ちになったりします。

若い時は、このような健康飲料も何気なしに飲んでいたのですが、年齢を重ねて、健康の有難みがわかると、ファイブミニ1本でも感慨深い気持ちになるものですね。大袈裟かもしれませんが。

【スポンサーリンク】

プライバシーポリシー

免責事項