免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

乳酸菌がコレステロール値を下げる!どの乳酸菌が効果が期待できるか教えます!

f:id:menekidaimaou:20170615212620j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

気温が上がり、夏が近づいてきますと気になるのが体型ですね。

肥満気味ですと、見た目だけでなく、健康にも支障をきたす場合が多いのはよくご存じかと思います。肥満が原因でなる病気って結構多いんです!

 

実は、日本人の3人に一人の方が、脳卒中や心臓病で亡くなっているそうなんです。

これら脳卒中や心臓病の原因と言われていますのが、高コレステロール、高血圧、高血糖の3ツです。これらをボク免疫大魔王は「悪のグランドスラム」と読んでいます。(決して面白がっているのではありません 汗)

 

 これらの危険因子が増えますと、脳卒中、心臓病のリスクは倍増してしまうようで、このような症状にならないように、普段から予防・ケアを怠らないことが極めて重要だといえるでしょう。

 

じつは、この高コレステロールを乳酸菌で予防・改善することが可能なようで、乳酸菌を効果的に摂取することで、予防・改善が期待できると言われています。

 

今回は、その高コレステロールに有効な乳酸菌の働きや、具体的にどの乳酸菌が効果的なのかについてお話していきます。

【目次】(クリックでとびます)

コレステロールとは何か?

f:id:menekidaimaou:20170615214419j:plain

コレステロールにも善玉と悪玉がある

コレステロールと言えば、悪の権化のように思われている方が多いようですが、コレステロールとは血液中の脂質のひとつであり、体には無くてはならない要素であり、細胞膜を構成したり、ホルモンや胆汁酸の原料にもなります。

 

ただ、コレステロールにも善玉と悪玉の両方があり、

 

●悪玉コレステロール(LDL)

肝臓の貯蔵されているコレステロールを全身に運ぶ

 

●善玉コレステロール(HDL)

余分なコレステロールを回収し、肝臓へ戻す

 

悪玉コレステロールが過剰になると、血管の壁にコレステロールが蓄積され、やがて血管が硬くなる動脈硬化の進行に繋がってしまうのです。

 

この血中のコレステロール値が高くなる状態を、「高脂血症」と言いますが、これらは、高血糖や高血圧と同じように自覚症状がありません。ですので健康診断などで数値が出ないことには、気付かない場合が多いため、とても厄介です。

 

高コレステロールになる原因

悪玉コレステロールが高くなる一番の原因が、飽和脂肪酸の摂りすぎが挙げられます。

油でギトギトの料理や高カロリーの食事、ファーストフードに甘いお菓子やスナック菓子などが大好きな方は要注意です。

f:id:menekidaimaou:20170615220745p:plain

また、過剰なストレスや運動不足、睡眠不足や、特に30代以降の女性に多いホルモンバランスの乱れなども高脂血症の大きな原因となります。

 

あなたはどうですか?心当たりがありませんか?もし、そうであれば、普段の食生活を始めとする生活習慣を改善してみてはいかがでしょうか?

 

 

乳酸菌がコレステロール値を低下

f:id:menekidaimaou:20170615221158j:plain

乳酸菌がコレステロールを吸着

私たちの食べたものから摂取されたコレステロールは、腸壁を通じて、血液に吸収されて体内を循環し、再び胆嚢から分泌されます。この際に一部のコレステロールは腸管の中で乳酸菌に吸着されて体外に排出されることが分かっています。つまり、乳酸菌が血中コレステロールの濃度を調整するのです。

 

また、乳酸菌だけでなく、ビフィズス菌は、腸内のコレステロールの約半分を腸で吸収されにくい物質に分解する働きがあることが分かっています。

 

コレステロール値の低下に効果が期待できる乳酸菌とは!?

コレステロール値を下げるには、乳酸菌ならどれでも良いというわけではありません。

ここでは、コレステロール値の低下に効果が期待できるとされる乳酸菌はどれとどれかをご紹介しておきます。

 

GCL1176株【ラクトコッカス属ラクティス亜種クレモリス種GCL1176株】

乳酸菌【GCL1176株】は、カスピ海ヨーグルトをつくる乳酸菌になります。乳酸菌GCL1176株は高い整腸作用だけでなく、アレルギー症状を緩和する作用があるとされています。

★関連記事:乳酸菌【GCL1176株】は高い整腸作用で便秘を改善し、・・・

www.menekidaimaou.com

 

 

クレモリスFC株【ラクトコッカス属ラクティス亜種クレモリスFC株】

乳酸菌クレモリスFC株は、血糖値の上昇を抑える効果の期待できる乳酸菌だと言われています。GCL1176株と同じく、カスピ海ヨーグルトをつくる乳酸菌です。

★関連記事:痩せたい人におすすめ!乳酸菌クレモリスFC株は・・・

www.menekidaimaou.com

 

 

BC90株(アルビン菌)【ラクトバチルス属カゼイ種BC90株】

乳酸菌【BC90株】(アルビン菌)は、ガン細胞の増殖をも抑える作用があり、免疫力を高める効果も期待できる力強い乳酸菌です。

★関連記事:乳酸菌【BC90株】(アルビン菌)はガン細胞の増殖を抑え、・・・

www.menekidaimaou.com

 

 

N-1株【ラクトバチルス属カゼイ種N-1株】

乳酸菌N-1株は、腸内代謝を活発にして、腸内環境を整える乳酸菌です。

★関連記事:乳酸菌N-1株は腸内代謝を活発にして、・・・

www.menekidaimaou.com

 

 

SBT2055株【ラクトバチルス属ガセリ種SBT2055株】

ガセリ菌SP株は、雪印メグミルクが保有する乳酸菌であり、腸に長時間とどまり、高い効果を発揮します。

★関連記事:SBT2055株の効果とは!?

www.menekidaimaou.com

 

 

いががでしたでしょうか?

高脂血症はとても気が付かずに放置しておくと、とても怖いことになります。

自覚症状が無くても、食生活を始めとする生活習慣を見直し、乳酸菌やビフィズス菌の力で体調管理をして下さい。

 

あとがき 

f:id:menekidaimaou:20170331232123j:plain

怖い生活習慣病につながる症状のひとつだとされる高コレステロール症(高脂血症)ですが、近年の日本人でも多いとされる症状だとして、予防や改善が叫ばれています。

罹る前や、まだ症状が軽微な段階で生活習慣の改善により、治すことが出来るかと思いますので、是非乳酸菌を有効利用して頂き、早い段階で断ち切るようにしていきましょう。

【スポンサーリンク】

プライバシーポリシー

免責事項