免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

花粉症の予防や対策に効果的な乳酸菌はどれ?どの乳酸菌が良いか教えます!

f:id:menekidaimaou:20170612211044j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

毎年春が近づいてきますと、ワクワクするのではなく、その逆で憂鬱になられる方が多いようです。

 

それもそのはず、春はスギ花粉が一年の中で一番多い季節であり、症状を持たれる方はそれはそれは見ていてかわいそうになるほど、鼻はズルズルですし、涙は止まらないし、まともに仕事にならない方も多くいらっしゃいます。しかも春以外の時期の花粉症もあったりして本当に厄介な症状ですよね。

 

最近は、抗アレルギー剤や、それ以外の花粉症対策グッズもたくさん出回っていて、一応対策はするものの、だんだん効き目が薄くなることもあるのだそうです。

 

 ただ、近年の菌活ブームもあり、乳酸菌が花粉症に効果的ということで、乳酸菌の需要が高まってきています。ただ、具体的にどの乳酸菌が効果的なのかは意外と知られていません。そんな花粉症でお悩みの皆さまのために、ボク免疫大魔王が、花粉症の根本的な原因や、花粉症に効果的だと言われる乳酸菌をご紹介していきます。

【目次】(クリックでとびます)

花粉症の発症の原因とは!?

f:id:menekidaimaou:20170612212417j:plain

IgE抗体が花粉症を引き起こす

花粉症とは、体内に花粉が入ってきたときに、それを排除しようと免疫反応が起こります。異物などが体内に侵入しますとヘルパーT細胞から排除せよと命令が出されるのですが、正常に作動すれば何の問題も起きないのですが、花粉を敵だと過剰に反応することによって、Th2が抗体を生産するT細胞に働きかけ、IgE抗体を作り出します。

 

※ヘルパーT細胞とは?

ヘルパーT細胞とは、免疫システムの司令官のようなものであり、外敵がどんなものであるかという情報をもとに、敵の性質や特徴・弱点を知り、的確に侵入した敵に攻撃出来るよう戦略を決める司令官です。

 

※Th2とは?

まず、Th1が細菌やウィスルに対して反応する免疫細胞なのに対して、Th2は、ダニやカビ、花粉などのアレルゲンに反応する細胞です。

B細胞を活性化させて、抗原を退治するために抗体を作ります。その際の指令物質として、インターロイキン4が分泌され、B細胞に抗体を作るように指示を出します。

 

Th1に比べて、Th2が過剰になると、そのIgE抗体が異物(花粉)と結合することにより、肥満細胞と言われる細胞からヒスタミンなどの物質が分泌され、それがかゆみなどのアレルギー症状を起こすのです。

要するに、ヘルパーT細胞が過剰に作動することで、花粉が侵入するたびにくしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状を引き起こすのです。

 

★関連記事:アトピー性皮膚炎の改善には乳酸菌が効果的!

www.menekidaimaou.com

過剰な清潔志向が生み出したアレルギー

花粉症やアトピーなどのアレルギー症状は、日本のような先進国独特の病気だと言われています。理由は昔に比べて格段に住環境の衛生面が発達し、身の回りは抗菌グッズで溢れています。それが却って、細菌やウィルスに感染する機会も減り、Th1細胞の免疫反応を刺激できていない状態になります。

f:id:menekidaimaou:20170612221027j:plain

逆にTh2のほうと言えば、大気汚染によるダイオキシンや食生活の変化などで、Th2の免疫反応が促進されています。その結果、Th1細胞に比べてTh2細胞が過剰な状態になって、アレルギーになりやすい人が増えていると言われています。いわゆる「キレイはキタナイ」という状況なのでしょう。

 

乳酸菌で花粉症を改善しよう!

f:id:menekidaimaou:20170612221434j:plain

乳酸菌がIgA抗体を増やす

花粉症などのアレルギー症状の方は、腸から分泌されるIgA抗体が少ないと言われています。IgA抗体とは、花粉やタンパク質などのアレルゲンが体内に吸収されるのを抑える働きをします。花粉症の場合ですと、花粉が鼻に入り込みますと、鼻の粘膜でそれを捕らえます。この時にIgA抗体は花粉をしっかりつかんで、アレルギー症状を起こすこと無く体外へ排出する役割をはたしているのです。

 

乳酸菌はこのIgA抗体を増やす手助けをします。

ある試験では、マウスに乳酸菌を摂取させたところ、採取した糞便中のIgA抗体の量が増加したことが確認されているようです。ほかにも、乳酸菌の入った発酵乳を飲むことで、アレルギー性鼻炎が緩和されたという報告があります。

 

このことから、乳酸菌の摂取は、アレルギー症状を抑えると言われるIgA抗体を増やし、免疫バランスを整えることで、花粉症などのアレルギーを改善する働きがあるとされています。

 

花粉症の予防や対策に効果的な乳酸菌の種類とは!?

f:id:menekidaimaou:20170612223141j:plain

花粉症の予防や改善には乳酸菌が効果的なので、乳酸菌を摂りましょうと言うけれど、乳酸菌って、種類がたくさんありすぎて、どれを摂ったら良いか分からないわ!とおっしゃるあなたに、花粉症に効果的だとされる乳酸菌をお教え致しましょう。

 

BB536株【ビフィドバクテリウム属ロンガム種BB536株】

ビフィズス菌BB536株は、1971年に森永乳業が発見したビフィズス菌で、ヒト由来の乳酸菌です。生きたまま腸に届き、腸に定着します。

★関連記事:BB536株は世界で初めて食品に・・・

www.menekidaimaou.com

 

 

GLC1176株【ラクトコッカス属ラクティス亜種クレモリス種GLC1176株】

乳酸菌GLC1176株は、あのカスピ海ヨーグルトが作られる菌株で有名です。

★関連記事:乳酸菌【GLC1176株】は高い整腸作用で便秘を・・・

www.menekidaimaou.com

 

 

HSK201株【ラクトバチルス属プランタラム種HSK201株】

乳酸菌HSK201株は、ドイツ発祥のキャベツの漬物、ザワークラフトから発見された植物性乳酸菌です。

★関連記事:【HSK201株】の驚異的な効能!

www.menekidaimaou.com

 

 

KW3110株【ラクトバチルス属パラカゼイ種KW3110株】

★関連記事:乳酸菌KW3110株は、免疫細胞のバランスを整え、アレルギー・・・

www.menekidaimaou.com

 

 

K-2株【ラクトバチルス属パラカゼイ種K-2株】

乳酸菌【K-2株】はアレルギー症状緩和作用を持つ酒粕由来の植物性乳酸菌です。

関連記事:乳酸菌K-2株は、酒粕から分離されたアレルギー症状を・・・

www.menekidaimaou.com

 

 

LGG菌【ラクトバチルス属ラムノーサス種LGG】

乳酸菌LGG菌は、有名なところでは、神奈川県の乳製品メーカーのタカナシ乳業が採用していますが、世界で一番研究が進んでいるとされる乳酸菌です。

★関連記事:LGG菌が凄い!

www.menekidaimaou.com

 

 

L-55株【ラクトバチルス属アシドフィルス種L-55株】

乳酸菌L-55株は、アトピーなどのアレルギー症状の改善が期待できる乳酸菌です。

★関連記事:【L-55株】は腸に長くとどまり、・・・

www.menekidaimaou.com

 

 

シロタ株【ラクトバチルス属カゼイ種シロタ株】

乳酸菌シロタ株は、あのヤクルトの創始者の代田稔博士が、感染症で命を落とす子供たちを救おうと開発した乳酸菌です。

★関連記事:シロタ株の効能が凄い!

www.menekidaimaou.com

 

 

いかがでしょうか?

厄介な花粉症に効果的だとされる乳酸菌をいくつかご紹介しましたが、時間のある時にじっくりとサイト内を見て頂き、是非自分と相性の良さそうな乳酸菌を見つけて下さい。

 

あとがき

f:id:menekidaimaou:20170331232123j:plain

乳酸菌の開発や発見のお話の中には、「聞くも涙、語るも涙」のようなお話もあり、本当に人の生活を良くしたい、助けたいという思いの溢れたお話が数多くあります。

ボク免疫大魔王が乳酸菌の魅力に取りつかれているのは、このような良いお話が数多くあり、そのたびに「人間っていいな!」とつくづく感じるところなのです。

【スポンサーリンク】

プライバシーポリシー

免責事項