免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

ビフィズス菌【ブレーベ・ヤクルト株】は美肌や潰瘍性大腸炎の症状緩和が期待出来る!

f:id:menekidaimaou:20170528102513j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

あなたはお肌の様々なトラブルで悩んでいませんか?

肌荒れは、特に季節の変わり目などの体調を崩した時に症状として現れることが多く、本当に厄介ですよね。

 

実は、今回のお話の主役は、そんなあなたがお悩みの肌荒れのトラブルを防いでくれるとされるビフィズス菌「ブレーベ・ヤクルト株」という菌株のお話になります。

 

 どうぞ、最後までお話を聞いて頂き、今後の美肌の為にお役立て下さい。

また、その他の健康効果も期待できるようですので、お楽しみに!

【目次】(クリックでとびます)

ビフィズス菌ブレーベ・ヤクルト株の特徴と効能

f:id:menekidaimaou:20170528103933j:plain

乾燥によるトラブルから美肌を守る、

ビフィズス菌ブレーベ・ヤクルト株の正式名称は、ビフィドバクテリウム属ブレーベ種ブレーベ・ヤクルト株と呼ばれます。(な、ながい・・・)

 

この菌株は、ヤクルトの独自の研究によって、皮膚の乾燥を抑え、美肌に導いてくれる作用が認められているようです。秋から冬の乾燥時期は特に、ボク免疫大魔王も過去に乾燥で何度も肌荒れをした経験がありますし、トラウマのような恐怖の記憶もあります。本当に気候がガラッと変わり、乾燥しやすくなるんですよね。

 

ある実験では、その秋から冬にかけての乾燥時期にビフィズス菌ブレーベ・ヤクルト株の含まれた発酵乳と、ビフィズス菌を増殖し、元気にしてくれるとされるガラクトオリゴ糖を4週間に渡って飲んでもらうグループと、全く飲まないグループのふたつのグループに分けて実験を行いました。

 

その後の、両グループの皮膚に含まれる水分量を調べてみたところ、飲まないグループでは水分量が低下していたのに対して、ビフィズス菌ブレーベ・ヤクルト株を含んだ発酵乳とガラクトオリゴ糖を飲んだグループの人は肌に含まれる水分量が変化せず、皮膚を活性化する酵素の量も増えていたというのです。

f:id:menekidaimaou:20170528105657j:plain

このことから、このような乾燥しやすい時期に入るときにおいて、日常的にビフィズス菌ブレーベ・ヤクルト株を摂取することで、変わりなく肌に水分を蓄えられることが分かっています。ボクもそうですが、この時期の乾燥肌でお悩みの女性には朗報ですね!

 

腸内環境が整えば、肌がきれいに

また、先ほどの実験と同じ実験で、ビフィズス菌ブレーベ・ヤクルト株を含む発酵乳とガラクトオリゴ糖を4週間にわたり摂取して、腸内環境を検査したところ、腸内の悪玉菌が生み出す腐敗物質が減少していることがわかったようです。

 

f:id:menekidaimaou:20170528111523j:plain

皮膚は排泄器官の一つですので、腸内環境が改善されることにより、皮膚から排出される毒素も減ります。このことから、腸内環境の良し悪しが皮膚の状態に影響を及ぼすことが分かっています。

 

腸内を弱酸性の保つ働きにより、善玉菌を増加

ビフィズス菌ブレーベ・ヤクルト株は、お通じの改善にも効果があるとされています。

ビフィズス菌ブレーベ・ヤクルト株は生きたまま腸まで届き、そこで乳酸と酢酸を産生して、腸内を弱酸性に保ち、善玉菌を増やすことが分かっています。

f:id:menekidaimaou:20170504091651j:plain

また、ビフィズス菌ブレーベ・ヤクルト株が産生する乳酸や酢酸は、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進し、便の水分調節をすることにより、硬いコロコロ便や、下痢状の便を適度な柔らかさに変え、便秘や下痢の改善に役立っています。

 

潰瘍性大腸炎の症状も緩和

●潰瘍性大腸炎とは!?

潰瘍性大腸炎は主に、大腸粘膜に潰瘍や糜爛(びらん)が出来る原因不明の非特異性炎症性疾患です。潰瘍性大腸炎は厚生労働省より特定疾患に指定されています。

症状は、下痢や便秘の繰り返しのほか、水分が吸収されにくいなどや、風邪を引きやすくなるなどの症状がみられます。近年の患者の急増により、様々な医薬品や治療法が見出されているようです。


上記の通り、潰瘍性大腸炎は近年増加傾向にある厄介な疾患です。

実は、ビフィズス菌ブレーベ・ヤクルト株には、腸に棲む有害菌を減少させたり、腸内の有害物質を菌が吸着して減らしてくれることにより、潰瘍性大腸炎の症状を和らげる効果があることが分かっています。

 

このように、ビフィズス菌ブレーベ・ヤクルト株は美肌を保つだけでなく、潰瘍性大腸炎の症状を緩和する効果もあったりして、本当に頼もしい菌株ですね。

 

ビフィズス菌ブレーベ・ヤクルト株の市販製品が気軽に摂れる

f:id:menekidaimaou:20170528114624j:plain

出典:ヤクルトHP 

http://www.yakult.co.jp/products/

ビフィズス菌ブレーベ・ヤクルト株が摂れる製品と言えばもう、言わずと知れたことかと思います。今更感がありますが、ちょっとだけご紹介しておきます。

 

ミルミル

f:id:menekidaimaou:20170528115042j:plain

出典:ヤクルトHP 

http://www.yakult.co.jp/products/item0163.html

おなじみミルミルです。

大腸で働くとされるビフィズス菌ブレーベ・ヤクルト株を1本につき120億個以上含んだ飲むタイプのヨーグルトです。今まで何度も飲んでいますが、スッキリとした味わいで飲みやすいです。

 

ミルミルS

f:id:menekidaimaou:20170528115526j:plain

ミルミルに含まれる菌株は同じでありながら、その上にガラクトオリゴ糖、食物繊維、コラーゲン、鉄、ビタミンE、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸が入っているちょっと贅沢な感じがします。でも価格はミルミルと同じに抑えられています。大変お買い得感がありますね。

 

このように、スーパーなどでお手軽に買えますので、興味ある方はお試し下さい。

 

あとがき

f:id:menekidaimaou:20170325185950j:plain

ミルミルのように、普段良く飲む機会の多い乳酸菌飲料も、こうして記事として調べたりして書いてみますと、「ああこんな健康効果もあったのか!」と新しい発見もあったりして、嬉しくなります。

つくづくボクは乳酸菌の魅力にハマっているなと実感します。

これからも、皆さんのお役に立てるような情報発信が出来るよう努力していきますので、今後ともよろしくお願い致します。

【スポンサーリンク】

プライバシーポリシー

免責事項