免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

【スポンサーリンク】

電車内でぶっ倒れる貧血は便秘などの腸内環境の悪化が原因!

f:id:menekidaimaou:20170515203116j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

前回に別の記事でお話したこともある貧血ですが、相変わらす電車内でぶっ倒れる女性が後を絶たないようで、大変だなあと思います。

 

ただ、前回テーマにしたのにまた今回も再度テーマに選んだのは、電車内でぶっ倒れてしまう貧血には、また別の原因があることが、調べているうちにわかったので、お話しようと思いました。

 

結論から先に申し上げますと、結局は前回と同じく腸内環境の悪化が原因にはなるのですが、貧血になってしまう過程が前回とはどうやら違うらしいのです。

 

 一体どのような原因のどのような貧血で、改善策は何なのかについてお話していこうかと思います。「また貧血ネタか!」とおっしゃらずに、ためになるかと思いますので、聞いてみて下さい。

【目次】(クリックでとびます)

便秘が原因で起こる脳貧血とは何か?

f:id:menekidaimaou:20170515210650j:plain

なぜ?便秘で貧血が起こるのか?

便秘が貧血の原因になるなんて・・・。

と不思議に思われるのも無理はありません。貧血と言えば一般的には鉄分が不足したりするところが原因というものです。なぜ、便秘がと思いますよね。

 

現代のようなストレス社会の影響で、不規則な生活や食事などが原因で、特に女性の方に便秘でお悩みの方が多いのですが、便秘はお腹が痛い、苦しい、ガスが溜まると言うだけでなく、肌荒れの原因になったり、食欲不振や眠れないなど様々な体の不具合を引き起こす原因になります。

 

そして、長い間便秘をして、通勤中の電車でつり革につかまっていると、何だか息苦しくなってきて、だんだん目の前が暗くなってきてその場に座り込んでしまったとか、倒れてしまったという女性の方が少なくありません。

 

では、この便秘が引き起こす貧血とはいったい何なのでしょうか?

 

貧血と脳貧血の違いとは!?

一般的に言われる貧血とは、血液中の赤血球やヘモグロビンが通常値よりも少ないことを指して言います。

 

赤血球やヘモグロビンは、酸素濃度の高い肺で酸素を結合し、それを全身に届ける働きをしますが、この赤血球やヘモグロビンが少ないと、貧血症を引き起こしてしまうのです。これが、一般的に言われる貧血の原因です。

 

ところが、貧血にはこの一般的な貧血とは原因が全く違う「脳貧血」というものがあるのです。脳貧血とは、脳への血液の供給が一時的に減少する状態ことを言います。こうなると、立ちくらみやめまい、頭痛などの症状に見舞われます。血液検査とはほとんど関係ないところで起こる現象です。

 

f:id:menekidaimaou:20170515223245j:plain

今、思い起こすと、ボク免疫大魔王が以前の勤務先での営業成績が悪いときに、上司から叱責された時に、ちょうどお腹の調子が悪く、倒れたものこのような現象だったと思います。それからもたびたび、便秘ではありませんが、お腹の調子が良くないときに同じような現象に何度かなったことがあります。これが脳貧血かと思います。

 

便秘が原因の貧血は「脳貧血」

女性の場合は特に、この便秘が原因で脳貧血になったしまうことが多いようです。

世の中には、便秘でお悩みの女性が多く、それは軽い症状の方から、1~2週間出ないのはしょっちゅうだという強者までいろいろですが、慢性化してしまいますと、腸内環境は極めて悪いものになります。

 

腸内が悪玉菌優位になり、有害物質やガスを発生させます。それが自律神経の乱れに繋がってしまうのです。自律神経の乱れは血管迷走神経反射という血圧や心拍数が下がり、脳に行く血液循環量を確保できないために、失神やめまいなどが起こるのです。

f:id:menekidaimaou:20170515214957j:plain

この症状は、朝礼などで長時間立っていることを強いられたり、暑い中での激しい運動や、恐怖感や情緒不安定、激しい痛みなどで誘発されるようです。便秘でずっと出なくて、何とか出そうとトイレでいきんでしまうあまり、脳貧血を起こすこともあるようです。

 

腸内環境を改善して便秘を予防する

f:id:menekidaimaou:20170515215502j:plain

便秘の予防が脳貧血を防ぐ

「たかが便秘」と侮ることなかれ!などであります。

便秘はそれが原因で、様々な不具合を引き起こします。今回のテーマの脳貧血もそうです。このような脳貧血を引き起こさないためにも、腸内環境を改善して便秘を予防しましょう。

 

発酵食品や食物繊維をたくさん摂る

腸内環境の改善に欠かせないのが、発酵食品と食物繊維です。

ヨーグルトでも良いのですが、日本で古くから食べられてきた伝統の発酵食品のほうが、馴染みがよく効果があるかと思います。どのようなものかと言いますと、

 

●味噌や醤油などの大豆を発酵させたもの

●キムチや糠漬けのような漬物類

●淡色野菜などに含まれる不溶性食物繊維や海藻類に豊富な水溶性食物繊維など

 ★関連記事:日本伝統の発酵食品の一覧

www.menekidaimaou.com

これらを積極的に普段の食事に摂りいれることにより、腸内のビフィズス菌などの善玉菌を増やし、腸内を活性化させることが出来ます。また、腸の蠕動運動を促進し、便通を促すことで、便秘を予防してくれます。

f:id:menekidaimaou:20170515221308j:plain

決して、ファーストフードやコンビニ弁当ばかりの食生活になってはいけません。それだとますます便秘が悪化することになるでしょう。まずは、食生活の改善から始めてみて下さい。

 

あとがき

f:id:menekidaimaou:20170331232123j:plain

電車内で貧血で倒れる女性は少なくないようで、ボクも何度も見て来ました。それを見るたびに、「女性って大変だなあ」と思うのと同時に、昔若い頃、前の会社での成績チェックで倒れたのを思い出して恥ずかしくなります。でも、今このような情報発信をするようになってからは、「あの時ボクはお腹の調子が悪かったんだなあ」と言う事に気が付きました。

ですので、便秘が原因の脳貧血の事と改善策を一人でも多くの方に知っておいてほしいと思いました。

プライバシーポリシー

免責事項