免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

30代女性のダイエットは自己管理と腸内環境の改善が必要です!

f:id:menekidaimaou:20170512211740j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

空前のダイエットブームではありますが、年と共に痩せにくくなっていく体。

若い10代や20代の頃であれば、少々食べ過ぎても、夜遊びをしても、すぐにリセット出来た体も、年齢が30代に差し掛かると、そうはいかなくなります。

 

 ボク免疫大魔王も、30歳を境に体の状態がかなり変化していったのが記憶にあります。

何か、体が今までと違うんですよね!

当然ダイエットも、20代の頃と同じことをしても、結果は全然違ってきてしまいます。今回は、ダイエットがうまくいかなくて悩める30代女性のために、どのようにすれば痩せやすい体づくりができるのかについてお話していきます。

【目次】(クリックでとびます)

30代で痩せにくくなる理由とは?

f:id:menekidaimaou:20170512212937j:plain

10~20代の頃は、ちょっと不規則な生活をしていても、すぐにリセットできたのに、30代に差し掛かったとたんに、体がなぜか重い・・・。

何故、30代を境に体が変化する方がこうも多いのでしょうか?

 

年齢と共に下がっていく基礎代謝

年齢が上がっていくにつれて痩せにくくなる理由の一つとして、「基礎代謝の低下」があります。では、基礎代謝とは一体どのようなことなのか、知らない方はもちろん、知っている方も、ここで再度確認してみましょう。

基礎代謝とは?

f:id:menekidaimaou:20170503124402j:plain

基礎代謝とは、何もせずにじっとしていても、生命活動を維持するために生体で自動的に(生理的に)行われている活動で必要なエネルギーのこと。相当するエネルギー量(熱量)は、成長期が終了して代謝が安定した一般成人で、一日に女性で約1,200、男性で約1,500キロカロリー(kcal)とされている。

 

消費量は大人の場合肝臓が27%、脳が19%、筋肉(骨格筋)が18%で、この3器官のみで6割以上を占める。

 

年齢・性別毎の標準的な一日あたりの基礎代謝量の目安 基礎代謝基準値x体重で求めることができる。

 

基礎代謝基準値とは体重1kgあたりの基礎代謝量(kcal)を示す数値のことで、男女とも1~2歳で最高値を示す。年齢と共に低下し、成人後も年齢とともに徐々に低下する。

ただし老年期に入ると低下は止まる。

引用:基礎代謝 - Wikipedia

 

これを見ますと、基礎代謝のピークは1~2歳だなんて、随分早いものですね。

データ上では、30代で急に代謝が下がるということは無いようですが、30代で下がったという自覚されるかたは、なぜか多いのです。

 

基礎代謝を上げるには、内臓が重要!

以前は、基礎代謝を上げるには、筋肉をつけることが大事だと言われてきました。

ただ、筋肉によるものはたったの18%程度で、肝臓が28%もあり、最も消費量が多くなっています。そうなりますと、内臓機能を高めることが、基礎代謝を上げるために最も重要になってきます。

 

自己管理が重要!

肝臓の機能を高める事が、基礎代謝を上げるために大事だということはご理解頂けたと思いますが、その肝臓をはじめ、内臓を活性化するポイントはバランスの取れた食生活をすることです。

f:id:menekidaimaou:20170512221212j:plain

これは、女性に限らず30代に差し掛かりますと、食生活の影響は体にモロに出てしまいます。ご飯を3食きちんと摂らなかったり、睡眠不足であったり、食事を抜くような無理なダイエットをしていたりすると、すぐに体にいろいろな不具合が出て来ます。

 

要するに、「自己管理」が出来ない方は、基礎代謝を上げるどころではなくなります。年齢が若くないからこそ、そのあたりがきちんと出来るかどうかが焦点になってきます。

 

早い人で、「プレ更年期」の影響も!

最近の30代の女性で増加に傾向にあるのが、30代後半で訪れる「プレ更年期」です。

女性ホルモンの減少が始まり、本来なら40代後半から50代前半にかけて起こる体の色々な変化があります。ですので、摂取する食べ物も今まで以上に気を使った食生活をしないと体にそのままに影響します。

★関連記事:【のぼせ】や【ほてり】でお悩みの30代女性の症状改善方法とは!?

www.menekidaimaou.com

 


では、基礎代謝を上げて、ダイエットをうまく成功させるためには、どのような食生活をすれば良いのでしょうか?

 

腸内環境を改善できる食生活をすること!

f:id:menekidaimaou:20170512222542j:plain

発酵食品で乳酸菌を摂取する!

腸内環境を改善するためには、第一に発酵食品無しに語ることは出来ません。

発酵食品は、腸内の善玉菌を増やし、元気にします。

発酵食品は、今流行りのヨーグルトだけではありません。日本には古くから食べられている乳酸菌や麹などの発行食品が豊富にあります。

●味噌や醤油や納豆などの大豆を発酵したもの

●キムチや古漬けなどの漬物類

●なれずしなど、魚とご飯を乳酸菌発酵させたお寿司


★関連記事:漬け物の乳酸菌パワーがスゲエぞ!

www.menekidaimaou.com

 

 

発酵食品で健康的に痩せる体に!

このような、乳酸菌豊富な発酵食品を積極的に摂ることで、腸内の善玉菌を増やし、腸内を活性化させることが出来ます。

f:id:menekidaimaou:20170512224634j:plain

腸内環境が整うことで、無理なダイエットや糖質制限をしなくても、健康的にリバウンドに悩むこともなく、痩せやすい体を作ることが出来ます。腸内環境の改善はそれだけ大事な要因になります。30代ではなく、40代でも、それより年配の方でも美しさを保てている方は、腸が健康です。

 

そのほかに、発酵食品と一緒に食物繊維やオリゴ糖を一緒に摂ると良い効果があるでしょう。

 

ダイエットに効果が期待できる乳酸菌の種類

では、健康的に痩せるために有効な乳酸菌にはどのようなものがあるでしょうか?

 

LP28株【ペディオコッカス属ペントサセウス種LP28株】

乳酸菌【LP28株】は、胃酸や胆汁などの消化液にも強い植物性乳酸菌です。その特性のおかげで生きて腸まで届く性質を持ち、アレルギーや病原菌の感染の予防に有効に働きます。

★関連記事:乳酸菌【LP28株】の特徴と効果

www.menekidaimaou.com

 

 

LGG菌【ラクトバチルス属ラムノーサス種LGG株】

乳酸菌LGG株は、ガンの予防やダイエット効果、アトピー性皮膚炎の予防や、インフルエンザウィルスなどの感染症から、体を守る作用など多岐に渡る効果が期待されています。

★関連記事:LGG菌が凄い!ラクトバチルス・ラムノーサスはアトピーや・・・

www.menekidaimaou.com

 

 

SBT2055株(ガセリ菌SP株)【ラクトバチルス属ガセリ種SBT2055株】

乳酸菌SBT2055株は、健康な人のお腹に存在する乳酸菌で、旧雪印乳業が発見した乳酸菌です。(別名ガセリ菌SP株)

★関連記事:SBT2055株の効果とは!?

www.menekidaimaou.com

 

いかがでしょうか?

あなたと相性が良く、ダイエットに効果的な乳酸菌は見つかりましたか?

是非、上手く乳酸菌を摂取して健康的に痩せるのにお役立て下さい。

 

 

あとがき

f:id:menekidaimaou:20170331232123j:plain

ダイエットを成功させ、見た目を美しく保つために、相当な自己管理と努力をされている方を見かけます。本当に凄いと思いますし、見た目だけでなく、人間として尊敬できるものをたくさん持ってらっしゃいます。

そういう方は、これまで以上になお一層、美しさにも深みが出てきて、より一層輝いてくるのでしょう。

【スポンサーリンク】

プライバシーポリシー

免責事項