免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

ザワークラフトの上手な作り方を教えて下さいと頼まれた時のレシピを教えます!

f:id:menekidaimaou:20170503091654j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

皆さんは、「ザワークラフト」という食べ物を知っていますか?

ザワークラフトとは、ドイツにおけるキャベツの漬物のことを言います。キャベツを乳酸菌発酵させて作るザワークラフトはドイツ版のお漬物。本場ドイツやドイツ移民の人が多いアメリカでは、メインディッシュの肉料理などの付け合わせとしても、食卓に並ぶ機会が多いようです。美味しくて健康効果も大変高いとされるザワークラフトは我が家でも家内のお手製で食事の献立で出たりしますが、「酸っぱいキャベツ」と呼ばれていて、どうやら我が家の子供たちはあまり好きではないようです。

 このザワークラフトですが、一見簡単に作れそうに見えるせいもあり、自分で実際に作ってみられる方が多いのですが、意外のうまくできなくて本来のザワークラフトの酸っぱい味でなく、塩辛い味になってしまったり、失敗も結構あるようです。

ザワークラフトが美味しく作れたら、健康効果も高いですし、食卓が楽しくなりそうですね。

今回は、そのうまい作り方や健康効果についてお話していきましょう。

【目次】

ザワークラフトとは!?

f:id:menekidaimaou:20170503123226j:plain

ザワークラフトの由来

ザワークラフトはドイツにおけるキャベツの漬物のことであり、またそれを使用した料理のことを言います。

食べると酸っぱい酸味だ独特の味ですが、この酸っぱさは酢によるものではなく、乳酸菌発酵によるものであり、酢に漬け込むのではありません。

 

f:id:menekidaimaou:20170503124402j:plain

英語では、サワークラフト、仏語ではシュークルート、オランダ語ではズールコール、ポーランド語ではキショナ・カプスタ、ロシア語ではカプースタ。

フランスのアルザス地域やポーランドをはじめ北欧、東欧、ロシアでも食されているほか、ドイツ移民の多いアメリカ合衆国、カナダなどでもよく食べられている。

1世紀には古代ローマで食べられていた記録があるが、現代のものは16世紀から18世紀にかけてヨーロッパに広く定着した。

出典:ウィキペディア ザワークラフト https://ja.wikipedia.org/wiki/ザワークラフト

 

ザワークラフトの主な食べ方

ザワークラフトは、本場ドイツではソーセージを使った肉料理などの付け合わせとして主に使われるほか、ドイツ国内でも地方によって食べ方や調理の仕方が異なるようです。

f:id:menekidaimaou:20170503125647j:plain

上の写真は、ザワークラフトを使ったドイツの代表的な料理の一つである「シュラハットプラッテ」(ドイツ語)という豚の腿肉をザワークラフトの上に載せて蒸し焼きにしたダイナミックな料理があります。

また、肉に限らず魚を載せた料理もあり、それは海魚に限らず、ドイツのライン川やドナウ川、またフランスのドナウ川で獲れる鱒や鯉などの川魚も使われるようです。

地中海の地方では、海の魚介類を載せた料理も見られます。

その他、油で炒めたり、ホットドッグに挟む材料として使われたりと使い勝手の良さが食べ方にこだわらない便利さで親しまれています。

ザワークラフトの健康効果

ザワークラフトはビタミンCを含む保存食として、レモン果実や果汁にも負けない長い航海による壊血病予防の食事として食べられてきました。これは、材料であるキャベツ自体に豊富なビタミンCが含まれており、作る際に加熱をせず乳酸菌発酵させることから、さらに多くのビタミンCが生成され、健康効果が高いとされています。

ザワークラフトの健康効果を十分に活かした食べ方は、加熱せずに生のまま食べることで豊富に含まれるビタミンCが壊れないためおすすめの食べ方です。

また、食べると乳酸菌のチカラによって、腸内の善玉菌が活性化されお腹の調子を整えることが出来ます。原材料であるキャベツの食物繊維との相乗効果もあり、その健康効果の高さから近年では日本でも食材に摂りいれられるようになりました。

ダイエット食としても人気が高まってきています。

ザワークラフトに含まれる乳酸菌の種類とは!?

ザワークラフトには、「HSK201株」という種類の乳酸菌が豊富に含まれています。

この乳酸菌はアトピーや花粉症などのアレルギー症状の緩和する働きがや、免疫力を高める効果があるとされています。

★ザワークラフトから発見された乳酸菌

www.menekidaimaou.com

ザワークラフトの正しい作り方

f:id:menekidaimaou:20170503132228j:plain

良い作り方はシンプル・イズ・ベスト

ザワークラフトをつくるのが難しいと言う方が多いようですが、あの酸っぱさは乳酸菌発酵によるものであって、どの程度が失敗と言われているのかはわかりませんが、本当にシンプルな作り方で良いかと思います。

●キャベツを刻む(量はお好みで調節して下さい)

●そのキャベツの重さの約2~3%の量の塩を揉み込む

●発酵させるための保存用の容器に入れ、水が上がってくるまでに重しをする

●水が上がってきたら重しを外し、軽く蓋をして常温で数日自然発酵させる

(軽く蓋をするのは、きつく蓋をすると、乳酸菌発酵により破裂の危険性があるため)

●そのまま蓋を閉めて冷蔵庫で保存する

たったこれだけで出来るハズなのです。

 難しく考える必要はありません。あとは、微生物や酵素のチカラで自然に美味しくなるかと思います。

お家で簡単に作ることができ、いろんな料理に手軽に使えて、美味しく、しかも健康効果が高いザワークラフトを是非作って食べてみてはいかがでしょうか?

あとがき

f:id:menekidaimaou:20170329221850j:plain

我が家でも、ザワークラフトが食卓に上がるようになって久しいですが、最初こそ子供たちも「酸っぱい酸っぱい!」とあまり好んで食べなかったのが、慣れたせいもあるのか、成長とともに味の好みが変わってきているのか、今では何も言わずに食べるようになりました。

アレルギーにも効果があり、免疫力を高める乳酸菌が含まれていて健康効果が高いザワークラフトはボク免疫大魔王のおススメです!

 

 

【スポンサーリンク】

プライバシーポリシー

免責事項