読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

いぼ痔や切れ痔で悩む女性のほとんどは腸内環境が悪化している!

f:id:menekidaimaou:20170501210545j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

女性は30歳前後で、結婚や妊娠、出産などのライフサイクルの変化があったり、結婚こそはされてなくても、仕事や勤務先で責任あるポストに就いたりすることによって、過剰なストレスを抱えてしまう方が少なくありません。

最近増加の傾向にあるのが、妊娠やその他のストレスにより、いぼ痔や切れ痔になってしまう方もいらっしゃるようです。

 痔になってしまうと、トイレに行くのも怖くて行けないとか、日々痛みが増してきたりと大変ですよね!薬を塗って炎症を抑えることだけでは改善しないし、一体どうすればいいの!と一人でお悩みの方も多いようです。

今回は、そのひつこくてなかなか治らないいぼ痔や切れ痔を根本的に改善するにはどうすれば良いのかについてお話していきます。

【目次】

いぼ痔や切れ痔の原因

f:id:menekidaimaou:20170501212054j:plain

原因は肛門に負担がかかってしまうこと

今現在痔でお悩みのあなたも、そうでない方も痔の主な原因には下に書いた事が原因になっていることが多いのではないでしょうか?

f:id:menekidaimaou:20170419224924p:plainオフィスワークなどで、長時間座りっぱなしの時が多い

f:id:menekidaimaou:20170419224924p:plain頑固な便秘持ちで、排便の時に力まないと出ない

f:id:menekidaimaou:20170419224924p:plain極度の冷え性で血行が悪い

f:id:menekidaimaou:20170419224924p:plainアルコールや刺激物などの過剰摂取で下痢を繰り返し、肛門に負担がかかっている

と言う事が痔の原因としては多いようです。

切れ痔といぼ痔の違いとは!?

痔には大きく分けて、「いぼ痔」と「切れ痔」があります。

傷の痛みでおならをしても血がですのが切れ痔であり、排便時のいきみなどによって、肛門が裂けて起こるのが切れ痔。

もう一つのいぼ痔は、痛みかゆみなどの自覚症状がなく、肛門を閉じる上皮が閉じずに外側へ出てしまう痔のことです。

数的に多いのはいぼ痔のようで、ケースとしては妊娠中の便秘によりなってしまうケースがよくあるようです。

対症療法として、痔の薬を使ってみたり、お尻をお湯につけてマッサージをしたり擦る方もいますが、次第に薬も効かなくなったりしてきますし、改善されるどころかだんだん痛くなってきたり、悪化してきたりすると本当に困りますよね。

こういう場合は、即病院で診てもらうべきなのですが、女性の方は特に病院へ行くのが恥ずかしくて行けずに、どうしようと悩んでおられる方が多いようです。

このような状況が続くのか毎日不安ですし、どうすれば、痔を根本的に改善できるのでしょうか?

根本的解決策は腸内環境の改善です!

f:id:menekidaimaou:20170501215234j:plain

まずは、便秘や下痢を改善すること!

いぼ痔も切れ痔もほとんどの原因は、便秘や下痢が原因です。

まずは、その便秘や下痢の症状を改善し、楽な排便が出来るようにすることが先決かと思います。痔でお悩みの方が女性に多いのも、便秘が女性に多いからに他なりません。

便秘気味だったり、下痢のあなたの腸内は、悪玉菌優位の腸内環境になってしまっています。悪玉菌は有毒な物質やガスを作り出し、それらは血流に乗って全身に運ばれます。そうなると痔だけではなく、肌荒れやいろんな病気を誘発する原因になるのです。

 便秘や下痢を改善する有効な方法は、まず食生活の改善から初めてみて下さい。

発酵食品や食物繊維をしっかり摂る

 私たちの腸内には、3万種、1000兆個もの腸内細菌が棲んでいます。

その腸内細菌が種類ごとにグループを形成して、コロニーを作っています。その様がまるで草むらやお花畑のように見えることから、「腸内細菌叢」または、「腸内フローラ」と呼ばれます。

その中に大きく分けて、腸内を正常な状態に保つ「善玉菌」や、体に有毒な物質を排出る「悪玉菌」や、普段はどっちつかずで優勢なほうに加担する「日和見菌」で勢力のバランスを保っています。

普段から、砂糖たっぷりのスイーツやスナック菓子を食べすぎていませんか?

この砂糖や、スナック菓子に含まれる安価な脂は悪玉菌の大好物なのです。たまに食べるぐらいならほとんど影響はありませんが、食べ過ぎは、悪玉菌にわざわざエサをやっているようなものです。

f:id:menekidaimaou:20170501221444j:plain

ヨーグルトや漬物、味噌や醤油などの発酵食品は、腸内のビフィズス菌などの善玉菌を元気にし、腸内を活性化します。また、一緒に食物繊維も摂ると大変有効でしょう。

www.menekidaimaou.com

善玉菌が優位になると、悪玉菌はおとなしくなり、日和見菌は善玉菌の味方に付きますので、良好な腸内フローラが形成される訳です。

腸内環境が改善されて、正常な排便が出来るようになると、排便の際にいきむ必要もなくなる訳ですので、必然的に痔が改善されるというものです。

腸内環境の改善には、乳酸菌サプリメントが有効です!

f:id:menekidaimaou:20170501222659j:plain

生きた乳酸菌が腸まで届く!

最近の菌活ブームもあり、乳酸菌サプリメントは物凄い種類があります。はっきり言って選ぶのに迷います。そういう方のためにボク免疫大魔王が便秘や下痢に特に効果の期待できる乳酸菌サプリをレビューした記事がありますので、是非参考にして下さい。

★この記事です!

 ↓  ↓  ↓

www.menekidaimaou.com

 

 また、サプリメントはあくまでも補助です。メインは食生活の改善です。発酵食品、食物繊維の豊富な食事を心がけて下さい。その上に食事での不足分をサプリメントで補うことにより有効に働くことでしょう。

あとがき 

f:id:menekidaimaou:20170329221850j:plain

痔は女性だけでなく、男性にもよくある症状です。

やはり大抵の場合、便秘や下痢気味だったり腸内環境の悪化が原因になっている場合が多いのです。

腸が元気かそうでないかで、私たちの健康状態は大きく変わります。

だからこそ、普段から腸を大事にして、いつまでも元気に過ごしたいものですね。健康は何よりの宝ですので・・・。

【スポンサーリンク】

プライバシーポリシー