免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

【スポンサーリンク】

肩こりに悩む30代女|腸内環境の改善に取り組んだらソッコーで完治!

f:id:menekidaimaou:20170425213941j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

あなたは、肩こりで悩んでられませんか?

肩こりでお悩みの方もどうやら男性よりは、女性のほうが圧倒的に多いようで、首や肩が重く、吐き気までするというように、重症化する方もいらっしゃるようで、本当に無視することが出来ないぐらいです。

 原因には、冷え性や運動不足、ストレスに姿勢の悪さなど、思い当たる原因はたくさんありますが、実は、根本的な原因は腸内環境にあるようなのです。

では、肩こりと腸内環境がどのように関係しているのか?

また、腸内環境を改善して、肩こりを治すにはどうすれば良いのかについてお話していきます。

【目次】

腸内環境の改善で肩こりは治る!

f:id:menekidaimaou:20170425214952j:plain

肩こりの原因をざっと挙げてみますと、

血行の悪さ

低体温症

便秘

などいろいろ思いあたるかと思いますが、上記全ては腸内環境を改善することで解決するのです。

体に侵入した有害物質は血流にのり体中に運ばれる

腸にはいろんな働きがあります。

体に入った有害物質を無害化して、体外に排出したり、インフルエンザやノロなどのウィルスや、病原菌などを見つけて、退治するというのも腸で行われます。

ただ、腸そのものにそのような機能はありません。これらを一気に引き受けてくれているのが、私たちの腸内にいる3万種、1000兆個にも及ぶ「腸内細菌」なのです。

これら、腸内細菌の数や、活動によってその腸内の状態が左右されます。腸内が悪玉菌優位になり、腸内環境が悪化すると、便秘になったり、血流が悪くなったり色々な不具合が発生します。また、インフルエンザやノロなどのウィルスや、病原菌を撃退する力、これらは「免疫力」と呼ばれますが、その力が低下し、病気にかかりやすくなったり、疲れやすくなったりするのです。

 この機能が弱ってしまうと、体内に侵入してしまった有害物質を十分に浄化することが出来ないまま、血流にのって全身に運ばれます。いわゆる「濁った血」が全身を駆け巡る状態になるのですから、その結果、体が冷えやすくなったり、肌あれや肩こりなどの不具合が発生しやすくなると言われています。

それだけ腸が健康かそうでないかで、体の状態は全く違ったものになってきます。

肩こりの人は便秘の人が多い!

肩こりで悩んでいる方の大半は、たいていが便秘でも悩んでいます。

それだけ肩こりと便秘には、密接な関係があります。便秘というのは、ただ単に「お通じが悪い」というだけで済まされず、その症状は便秘じゃない人が思っている以上に深刻です。

f:id:menekidaimaou:20170425223018j:plain

便秘により、腸内に長い時間便が滞留すると、その便は腐敗して有毒なガスや物質を発します。それが、上記でお話しましたように、有害物質を処理しきれずに、血流に乗って全身を駆け巡るのです。そうなりますと、体が冷えやすい低体温症になります。

体温が低い方が増えているようですが、人間の体というのは、体温が一度下がると、免疫力は物凄く低下します。肩こりというのは、言ってみれば、「あなたの腸内環境は良くないですから、体を労わってね!」としてくれているサインだと思ったほうが良いでしょう。痛みを通して体が警告してくれているのです。

食生活を始めとする生活環境の改善をしよう!

f:id:menekidaimaou:20170425223358j:plain

発酵食品、食物繊維をしっかり摂る!

腸内環境の改善の一番の方法は、乳酸菌が豊富な発酵食品や食物繊維をたくさん摂り、腸内にいる善玉菌を元気にしてやることです。

便秘や肩こりのあなたの腸内は、悪玉菌がはびこった、良くない状態になっています。

腸内の善玉菌は、発酵食品に含まれる乳酸菌や食物繊維によって、元気になったりして腸内を活性化します。

www.menekidaimaou.com

 

質の良い睡眠を摂る

寝不足は腸内環境を悪化させ、免疫力を低下させます。

私たち人間は、寝ている間に、細胞の再生を行ったりする還元作用があります。

f:id:menekidaimaou:20170425224602j:plain

睡眠不足の状態と言いますのは、その再生や還元作用を阻害する行為です。出来れば睡眠時間は最低7時間以上、ぐっすり眠るように心がけましょう。

適度な運動は腸を元気にする!

腸内の善玉菌を増やすためには、

腸の蠕動運動を活発にする

便秘を改善し、便通を良くする

これらを良くするためには、副交感神経を高める事です。

副交感神経を高めるのに有効なのは、適度な運動をすることです。

じつは、この「適度な運動」というところが大切なポイントなのですが、皆さん多くの方が、適度な運動と聞きますと、かなり気合を入れないとできなーついような激しいスポーツなどを想像されるのですが、激しいスポーツは却って腸内環境を悪化させる恐れがあるのです。

激しい運動をすると、体内にはたくさんの活性酸素が発生します。この活性酸素が大変な曲者でして、活性酸素は体の細胞を老化させます。スポーツ医学の進歩によって、今でこそそうではなくなってきてはいるのですが、昔のスポーツ選手が一般の人に比べると短命だったのは、この活性酸素が原因だと言われています。

気軽にできるウォーキングであったり、軽めのジョギングでいいかと思います。

ウォーキングやジョギングをする時間が無いと言う方は、通勤の際に、電車に乗るところを一駅だけ歩いてみるとか、エレベーターやエスカレーターを使わず、階段を使うようにするとかでいいと思います。それらの運動が適度な筋肉を創り、排便をスムーズにし、腸の煽動運動を促進させる働きをします。

乳酸菌サプリメントを摂る!

良好な腸内環境を作るには、乳酸菌サプリメントの摂取も大変有効です。

乳酸菌サプリメントの上手な摂取の仕方のポイントは、食生活の改善と並行して摂取すすことです。決して、サプリメントだけに頼った摂り方はおすすめできません。

腸をお花畑に例えるなら、普段のバランス良い食事が肥沃した土であり、サプリメントは肥料です。土の改良をせずに、肥料だけ撒いてはイケませんね。

正しい摂り方ですと、腸内環境は飛躍的に良くなります。

www.menekidaimaou.com

 

あとがき

f:id:menekidaimaou:20170331232123j:plain

肩こりや便秘は、女性のお悩みで最も多いと言われるぐらい多くの方が悩んでおられるようです。

同じ人間であっても、ストレスを感じたり、それによって不具合が生じるのは女性のほうが圧倒的です。ボクは、以前まで女性のほうが強いと思い込んでいたんですが、それは男性に比べて「ガマン強い」のであって、決して強いわけではなかったんですね。

世の中のオトコどもよ!お互いにもっと女性を労わり、優しくなりましょう!

プライバシーポリシー

免責事項