読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

生理不順に悩む40代女性|治す方法は腸内環境の改善にあった!

f:id:menekidaimaou:20170424203752j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

生理不順でお悩みの女性が増えているようです。

特に、30代~40代になぜか多いように思いますが、ちょうどその年齢層と言いますのが

結婚や、妊娠、出産とライフワークの変化を迎える女性が多かったり、仕事などで責任あるポジションを任され、環境が大きく変わったことによるストレスや、精神的な消耗により、ホルモンバランスを崩される方が少なくありません。

 それらのいろんな要因が重なって、生理不順になったり、便秘が長引いたり、いろんな不具合が出てしまい、本当に厄介ですよね。

それらの女性ならではの厄介な症状を緩和、改善するのは、やはり腸内環境の改善が深く関わっているんです。

今回は、それらの症状を治す方法について一緒に考えてみましょう。

【目次】

腸内環境の悪化で生理不順などの不具合が多発!

f:id:menekidaimaou:20170424210522j:plain

生理前のひつこい便秘に悩む女性

40代前半のある女性。

先月から生理不順になり、生理が10日遅れたようですが、その間ひつこい便秘に悩まされました。

今までも、便秘になることは時々あったようなのですが、今回のような長引く便秘は本人も初めてだったようで、その症状はかなり辛かったようです。

普通の便秘にありがちな、下腹がポッコリどころではなく、胃のあたりまでお腹が膨張し、食事の際には、食道のあたりで食べたものがつっかえてる感じがして、吐きそうになったとか・・・。

f:id:menekidaimaou:20170424212239j:plain

市販の便秘薬を飲んでいたそうですが、この期間は、他に水酸化マグネシウムもダメ!

正攻法でと思い、ヨーグルト、納豆、バナナも全くダメだったようです。

お通じはと言うと、2日に1回、硬い便がやっと出たぐらいで、体がパンパンに重く、出ない憂鬱でイライラしていたようです。

こりゃ、大変ですよ!

生理不順の主な原因

生理不順になってしまうのは、先ほどお話しましたように、ホルモンバランスの乱れが大きな要因のようですが、そもそもホルモンバランスが乱される原因とは、

f:id:menekidaimaou:20170417224347p:plain体質

f:id:menekidaimaou:20170417224347p:plainストレス

f:id:menekidaimaou:20170417224347p:plain食生活の乱れ

f:id:menekidaimaou:20170417224347p:plain睡眠不足

f:id:menekidaimaou:20170417224347p:plain急激なダイエット

のどれかの場合が原因としては、多いようです。

今回の女性の場合は、どの要因も当てはまるものがあり、彼女自身が相当疲れていたことがわかります。

このような症状でお悩みの女性は、彼女だけでなくかなり多くの女性がこのような女性独特の不具合で悩んでおられます。

では、具体的にどのようにすれば、多くの女性が、厄介な症状を改善でき、このようなお悩みから解放されるのでしょうか?

根本的解決策は腸内環境の改善にあった!

f:id:menekidaimaou:20170424213638j:plain

女性のホルモンバランスの崩れは、妊娠中や生理中などいろんなところで出て来ます。

それが原因で便秘になったり、いろんな不具合がでてくるのですが、その都度、便秘薬を飲んだり、薬で対処しても、根本的な解決は出来ないようです。

根本的な改善策は「腸内環境の改善」以外に無いかと思います。

発酵食品を摂る

腸内環境を改善するには、腸内の善玉菌に元気になってもらう事です。

そのためには、善玉菌が元気になるものを積極的に食べる事。特に、ヨーグルトや漬物、味噌や醤油、納豆などの発酵食品を積極的に摂るよう心掛けることです。

www.menekidaimaou.com

これら発酵食品には、善玉菌を活性化するのに大変有効な乳酸菌が豊富に含まれています。それも、「ヨーグルトだけ」とか「漬物だけ」と言うのではなく、いろんな種類の発酵食品を摂るようにしましょう。

 食物繊維を摂る

野菜や果物に豊富な食物繊維は、善玉菌を元気にする為の不可欠なものです。

食物繊維には、水に溶ける性質の「水溶性食物繊維」と水に溶けない性質を持つ、「不溶性食物繊維」とがあります。

f:id:menekidaimaou:20170424215719j:plain

水溶性食物繊維は、主にわかめやめかぶなどの海藻類や、こんにゃくや、シイタケやしめじなどのキノコ類に豊富に含まれます。

これらは腸の中でゲル状となり、余分な栄養素やコレステロールを包み込み、体外に排出する働きがあります。また、腸内でビフィズス菌などの善玉菌のエサとなり、腸内を活性化するのに一役買っています。

不溶性食物繊維は、胃や腸で多くの水分を吸収し、膨張します。それにより、腸の煽動運動を促し、便通を改善する働きがあるほか、便のカサましをし、便秘を予防・改善する働きがあります。

オリゴ糖を摂る

オリゴ糖は、水溶性食物繊維同様、腸内の善玉菌のエサとなります。

オリゴ糖を豊富に含む食べ物は、ヤーコン、きな粉、甜菜などいろいろなものがあります。中でもヤーコンは良質のオリゴ糖を豊富に含んでいるとされ、その健康効果の高さから注目を集めています。

f:id:menekidaimaou:20170424221011j:plain

オリゴ糖を多く含む食品はいろいろありますが、なかなか、入手しにくかったり、食品から摂るのは、かなりたくさんの量を必要とするため、市販のフラクトオリゴ糖を試してみるのも良いでしょう。

 乳酸菌サプリメントを摂る

発酵食品や、食物繊維などで食生活の改善をしながら、その不足分は乳酸菌サプリメントで補うのが有効な手段と言えるでしょう。

乳酸菌サプリメントは、食生活の改善により、下地ができた体には、相当な効果が期待出来ます。

あまりよろしくないのは、食生活の改善もせずに、サプリメントだけに依存すること。

そのような摂取の仕方では、まず効果が無いと言ってもいいでしょう。

うまく摂取すれば、かなりの効果が期待できます。うまく利用してみて下さい。

www.menekidaimaou.com

 

あとがき

f:id:menekidaimaou:20170331232123j:plain

今回のお話の主役の40代女性は仕事がかなり出来るキャリアウーマンであり、勤務先でも責任の重い部署の重要ポストに就かれており、充実した毎日を送っていたのですが、その反面かなりのプレッシャーも感じておられ相当ストレスを溜めていたようです。

特に彼女のような、責任感の強い女性ほど、そのような重い症状になりやすいようで、そういうのを聞くと、ちょっと呑気でお気楽な性格のほうが良いのかもしれませんね。

【スポンサーリンク】

プライバシーポリシー