読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

原因不明!?【のぼせ】や【ほてり】でお悩みの30代女性が症状を改善できたのは意外な方法だった!

f:id:menekidaimaou:20170423132639j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

あなたは、「プレ更年期」という言葉を知っていますか?

プレ更年期とは、実際の更年期の年齢と言われますのが、だいたい40代後半~50代前半の年齢層を指します。この時期はほてりやのぼせといった症状や、イライラなどの不快感な症状が出る事が多く、症状が重い分、「更年期障害」と呼ばれています。

 ところが、最近の傾向では、30代後半~40代前半でこのような症状に悩まされる女性が増えてきているようです。

このような厄介な症状になるには、いろいろな要因がありますが、実は、腸内環境の改善によって、これらの症状が克服されるという朗報もあります。

今回は、このような厄介なプレ更年期の症状に悩める女性のために、改善方法などについてお話していきます。

【目次】

更年期の基礎知識として知っておきたいこと

f:id:menekidaimaou:20170423133910j:plain

厄介なプレ更年期の症状

女性のライフサイクルの中で閉経を挟んだ前後10年間の期間を更年期と言います。

その時期になりますと卵巣の機能が徐々に低下し、女性ホルモンの一種である、エストロゲンというものが減少します。そうなりますと、体には様々の不快な症状が出始めます。「ホットフラッシュ」と呼ばれるほてりやのぼせなどの症状もそのうちの一つです。その他にも、めまい、吐き気、疲労感、関節痛やうつなど、その症状は多岐にわたるとされています。

ところが、近年は若年性と言われる30代の後半~40代前半のまだまだ若い年齢層の女性に多くみられるようになった「プレ更年期」というものがよく聞かれるようになりました。これはいったいどういうものが原因なのでしょうか?

人生のターニングポイントでのストレスの増加が原因

今現在の30代女性の多くは、結婚、妊娠、出産などのライフサイクルの変化があったり、結婚をしなくても、勤務先での責任あるポジションに就いていたり、経済的な変化など、昔に比べてかなり強いストレスを強いられることが多くなっています。

ボクの知っている女性はこのあたりの年齢層が多いのですが、これらの過剰なストレスにより、病気などの深刻な症状になる方も少なくありません。また、環境の変化によるストレスで、ホルモンバランスの崩れが原因となる場合も多くあるでしょう。

更年期の症状を改善するための具体策とは!?

f:id:menekidaimaou:20170423135833j:plain

有酸素運動の実践

更年期やプレ更年期の症状改善に有効なのは、ウォーキングやジョギングと言った軽めの有酸素運動を日常に摂りいれることです。

f:id:menekidaimaou:20170423140527j:plain

有酸素運動と言っても、かなり気合を入れないとできなような激しい運動を行う必要はありません。ウォーキングや軽めのジョギングといった本人が楽しんでリズミカルに出来るものがちょうど良いかと思います。

心身をリラックスさせ、リズミカルに酸素を体内に取り込むような運動を摂りいれると良いでしょう。

ホルモンバランスを整える食生活を

更年期やプレ更年期の症状の改善に有効なのは、女性ホルモンの一種のエストロゲンの低下を補える食事内容にすることです。

では、その食材にはどのようなものがあるでしょうか?

女性ホルモンの産生を促す食材
食品名 主な働き

大豆食品全般

(大豆イソフラボン)

豆腐や納豆などの大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは、
女性ホルモンと同様の 働きをし、ホルモンバランスを整えます。

マグロ・カツオ

(ビタミンB6)

マグロやカツオなどの魚類に多く含まれるビタミンBは、
女性ホルモンの一つ であるエストロゲンの代謝に働きかけ、
ホルモンバランスを整えます。

アーモンドなどのナッツ類

脳下垂体や卵巣に働きかけて、ホルモン分泌をコントロールします。
ホルモンバランスを 整えるとともに、高い抗酸化作用
で美肌にも効果を発揮します。

アボガド

(マグネシウム・ビタミンE

・ビタミンB・葉酸・

食物繊維・カリウム)

ホルモンを維持するのに大切な成分が豊富です。
ビタミンBは女性ホルモンの代謝を促す作用があり、
ホルモンバランス を整える働きもあります。
ココナッツオイル ホルモン生成に貴重な働きがあります。
 バター(脂溶性のビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK2)

ホルモンの構築に必要な脂溶性のビタミンが 豊富に

含まれています。

 卵黄(ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンB2など)

生殖器系やホルモンバランス、肌の 健康を維持するのに

不可欠な成分が豊富に含まれています。

 大豆食品を積極的に摂る

女性ホルモンに似た働きをするものとして注目されていますのが、大豆に含まれるイソフラボンという成分です。

f:id:menekidaimaou:20170423122606j:plain

大豆は他にも、食物繊維やオリゴ糖を豊富に含む食材として注目されているほか、日頃のストレスなどで乱れがちな腸内環境を整えてくれる働きをします。

味噌や醤油、おからや納豆など、大豆食品は豊富にあり、それらを積極的に摂るように心がけましょう。

更年期に効く成分が直接摂れるサプリメントが話題を呼んでいます!

実は、エクオールという大豆イソフラボンの代謝物質と似た働きをするスーパーイソフラボンがあるのですが、そのレビューがありますので、見てみて下さい。

www.menekidaimaou.com

あとがき

f:id:menekidaimaou:20170331232123j:plain

更年期も30代後半~40代前半という感じで、若年化しており、現代社会のストレスの高さには驚くばかりです。

ただ、たいていは食生活を始めとする生活習慣の改善で克服できるものも数多くあり、本当に自分自身を守り、健康に過ごして頂くためにも、正しい知識と正しい菌活の実践をして頂ければと常に願っております。

【スポンサーリンク】

プライバシーポリシー