免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

【スポンサーリンク】

あなたは見ましたか?NHKスペシャル「腸内フローラ解明!驚異の細菌パワー」の内容が凄い!

f:id:menekidaimaou:20170404205022j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

ちょっと前の話になりますが、2015年2月22日に放送されましたNHKスペシャル

「腸内フローラ解明!驚異の細菌パワー」

という番組が放映されましたが、この番組が放映されたことをきっかけに、新聞や雑誌、テレビ番組などがこぞって”腸内環境の良し悪しが性格まで変える!”と言う感じでたびたび取り上げるようになったのは、記憶に新しいかと思います。

 腸内細菌の生態系である腸内フローラの良し悪しは、ガンや糖尿病などの生活習慣病

や肥満になりやすくなったり、アレルギーや、それだけにとどまらず性格までも変えてしまうと言う事が分かってきています。

今回は、ボク免疫大魔王のかなり情けない体験談もカミングアウトしながら、腸内フローラの改善がいかに大切かについてお話していきます。

【目次】

腸内フローラの良し悪しで決まる性格

f:id:menekidaimaou:20170404210534j:plain

怒りっぽい人の腸内は悪玉菌で支配されている!

ボクは以前、ものすごく怒りっぽい性格でした。

今でこそ穏やかで落ち着いてきていますが、何かにつけて、文句を言い、家でも奥さんや子供にも当たり散らすような、本当に父親失格と言ってもいい、思い出すのも恥ずかしいやら、情けないやらで忘れる事が出来ません。

考えると、アトピーの症状もその時が一番酷い状況でした。

アトピーは皮膚病ではなく、腸内環境の悪化が大きな要因と言われます。それに気づき、ボクは、食生活を始めとする腸内環境の改善に取り組み、時間こそかかりましたが、だいぶ完治に向かっています。

恐らくその時のボクの腸内は、悪玉菌でいっぱいだったことでしょう。

怒っている人の吐息で、ネズミが死ぬ!

ボクに限らず、あなたの周りにも、怒りっぽい人はいませんか?

怒りっぽいひとや、常にイライラしている人は、腸が汚れていると言われます。

昔、聞いた話でかすかな記憶しかありませんが、笑っている人と怒っているひとの吐息にある薬品を混ぜて実験用のマウスに注射したところ、笑っている人の吐息を注射されたマウスには特になにも起きなかったそうですが、怒ったひとの吐息を注射されたマウスはすぐに死んでしまったそうです。

NHKスペシャルでも、腸内フローラの状態が性格まで変えてしまうと言っていましたね。

★関連記事:短気は損気!怒りやイライラの多いアナタの腸内は汚れている!

www.menekidaimaou.com

ストレスは悪玉菌を異常繁殖させる!

ストレスは、健全な腸内フローラの形成をするのに大敵です!ストレスは腸内の悪玉菌を増やし、腸内フローラを悪化させます。

f:id:menekidaimaou:20170404213238j:plain

平成7年の阪神・淡路大震災や平成23年の東日本大震災で、甚大な被害を受けた被災者の方の腸内フローラを調べたところ、大便中のカンジダやシュードモナス菌などの悪玉菌が増加していたそうです。

情けない話ですが、ボクも以前に家族に当たり散らしていた時も、恐らくそういう状態でだったのでしょう。ぼくの場合は、腸内環境が悪いから怒りっぽかったのではなく、

怒るから、だんだんと悪玉菌に支配され、腸内環境が悪化していったんだと思います。

本当に情けない限りです。

ストレスの軽減や、怒らないことで腸内フローラが改善!

f:id:menekidaimaou:20170404214026j:plain

怒りやストレスは、悪玉菌を繁殖させ、腸内フローラを悪化させることはご理解頂けたと思いますが、では、どうすれば健全な腸内フローラが形成できるのでしょうか?

そうです!怒ったりするのと逆のことをすればいいんです!

とにかく笑う!

笑いはストレスを軽減します。

笑いはストレスを軽減し、免疫細胞を活性化させ、免疫力を高める作用があると言われています。

「笑う門には福来る」とはよく言ったもので、お腹の底から笑うと、体も心も元気になった気がしませんか?

実際に笑いが体や心に良いといったことは、医学的にも実証されており、最近では病気の予防や治療においても注目されているようです。

笑いにより、脳の働きが活性化!

笑うと免疫力が高まるだけでなく、他にも体に良いさまざまな効果があります。

脳の「海馬」は新しいことを学ぶときに働く器官であり、笑うとその容量が増えて、記憶力がアップするそうです。また、笑う事による脳波のなかでもアルファ波が増えて脳がリラックスしたり、意志や理性をコントロールする大脳新皮質に流れる血液量が増加するため脳の働きが活発化するそうです。

笑いにより、幸福感と鎮痛作用

笑うと、脳内ホルモンの「βエンドルフィン」が分泌されます。

いわゆる「脳から汁が出る!」という状態であり、この物質は幸福感をもたらすほか、マラソンランナーのランナーズハイのような状態で、「身体は苦しいはずなのに気持ちが良く爽快!」という鎮痛作用があります。

f:id:menekidaimaou:20170404220828j:plain

これらが良いほうに循環し、健全な腸内フローラが形成されて、ひいては性格まで良くなってしまうという嬉しい効果が期待できるかと思います。

あとがき

f:id:menekidaimaou:20170331232123j:plain

大袈裟かもしれませんが、ボクが菌活関係の情報発信をするようになってからの大きな発見が、腸内フローラの改善は、自分自身を幸せにしてくれると確信したことです。

まだまだ、これからでありますが、人間として生まれたからには、人に対して与えられるばかりではなく、与えるほうになりたいですし、人の役に立ち、必要とされる人間になりたいと最近になって強く思うようになりました。遅いかもしれませんが、乳酸菌がボクを良い方向に導いてくれそうな気がしています。

プライバシーポリシー

免責事項