読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

味噌汁は食べる点滴!沸騰させても有効な乳酸菌を摂ろう!

f:id:menekidaimaou:20170403201800j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

日本には、乳酸菌が豊富な発酵食品が実に数多く存在し、積極的に摂ることで、優良な腸内フローラを創ることができたり、免疫力を高めてくれる免疫細胞を活性化することにより、有害なウィルスや病原菌から、私たちを守ってくれています。

 特に、味噌からつくる味噌汁は「食べる点滴」とも呼ばれ、近年その健康効果が見直されています。

では、そこまで注目されている味噌汁に含まれる乳酸菌はどんなものなのでしょうか?

また、具体的にどのような効果・効能をもたらせてくれるのか詳しく見ていきましょう。

【目次】

味噌に含まれる乳酸菌の種類とは!?

f:id:menekidaimaou:20170403203204j:plain

乳酸菌と言えば、ほとんどの方がヨーグルトをイメージされるかと思いますが、日本には、昔から食べられてきた乳酸菌豊富な発酵食品があり、特にその中でも味噌の健康効果が見直されています。

植物性乳酸菌の一種のハロフィラス菌

ハロフィラス菌は、しょうゆ、味噌、漬物などの発酵過程において活躍するとされる植物性乳酸菌の一種になります。生きて腸まで届き、お腹の調子を整えるだけでなく、免疫効果を高めたり、アレルギー症状の改善に効果的だとされています。

ある日本の醤油メーカーによる、ハロフィラス菌を用いた研究によりますと、ハロフィラス菌は小腸で様々な免疫細胞に刺激を与え、インターフェロンβと呼ばれるウィルスの増殖抑制や腫瘍細胞の増殖抑制、また炎症制御などの作用を持つタンパク質を生産するとされています。

インターフェロンβは、抗ウィルス活性の効果があり、それだけでなく、健康な腸管をつくる役割を担っています。

ハロフィラス菌の働きとは!?

ハロフィラス菌は、醤油や味噌を作る際に無くてはならない菌です。

醤油や味噌は、大豆などの主要成分の他に、乳酸菌、酵母菌、麹菌と言った菌で作られます。その中でも、ハロフィラス菌が大活躍しています。

このハロフィラス菌が作成する乳酸が、腸内環境に良好な影響をもたらすことはもちろんのこと、味噌や醤油の味をまろやかにし、旨みを出すという効果があります。

味噌汁を毎日飲もう!味噌汁のすすめ

f:id:menekidaimaou:20170403213156j:plain

ボク、免疫大魔王も、ほとんど毎日味噌汁を飲んでいます。

乳酸菌関係の情報発信をするまでは、味噌の健康効果など、ほとんど意識していませんでしたが、やはり何気なく飲むのと「これは、凄い健康効果があるんだ!ありがたい!

」と思って飲むのとでは、効能まで違ってきそうな気がします。(そんなアホな!)

効能1.コレステロールの制御

味噌の大豆に含まれるリノール酸は、コレステロールの体外への排出を促進します。

植物性ステロールは小腸でのコレステロールの吸収を抑制します。

その他、大豆に含まれる健康成分は、大豆レシチン、大豆タンパク、食物繊維、サポニンがあり、これらはコレステロールを制御する働きがあります。

効能2.胃がん予防

味噌汁を頻繁に飲む習慣のある人ほど、胃がんになる確率が低いと言われます。

以前に、国立がんセンターの研究結果によりますと、味噌汁を飲む人と、飲まない人を比べますと、胃がんの死亡率は、飲まない人のほうが飲む人と比べて50%も高いという ものです。

 

f:id:menekidaimaou:20170403220703j:plain

 

これは、胃がんだけでなく、心筋梗塞や高血圧などの生活習慣病の発症にも大きな影響を与えているようです。

効能3.胃潰瘍の防止

味噌汁を毎日、あるいは時々飲む人は、全く飲まない人に比べると、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの胃の病気が少ないという研究結果があります。若い時は、その差が出にくいのですが、年齢を重ねて60歳以上になりますと、飲んでいる人と飲んでいない人では、飲んでいる人のほうが、胃の病気になりにくいという研究結果があります。

効能4.老化防止

老化の多くの原因について多くの学者が言われていることとして、生体の細胞脂質の酸化が挙げられるそうです。

脂質が酸化されると、生体にとって不都合なラジカル(游離基)や活性酸素が生成されてしまいます。活性酸素というのは増えすぎると、体を錆びさせてしまい、体内に過酸化物質を作ってしまいます。いわゆる「体が錆びる」という現象が老化です。

f:id:menekidaimaou:20170403221050j:plain

老化を防止するには、これらの物質を体内に溜めないようにすることです。

味噌に含まれるビタミンEやダイゼイン、サポニンはこれらの過酸化物質の増加の抑制に大変有効です。

また、味噌に含まれる麹菌も酸化還元を促進する作用があるとされています。

効能5.整腸作用

味噌の中に含まれる食物繊維は、大腸でビフィズス菌などの善玉菌のエサとなり、善玉菌を活性化します。それで腸内が善玉菌優位になり、良好な腸内フローラが形成されます。

味噌汁を飲むときの注意点

f:id:menekidaimaou:20170403221614j:plain

なるべく沸騰させない

味噌汁を作る際は、味噌を入れる前はダシを取るところから始まります。

味噌を混ぜる際に慣れてない方は、ガスの火を止めてそれから味噌を入れてゆっくり混ぜるようにしましょう。

味噌を作る際に酵母という微生物が糖をアルコールやエステルなどの香り成分へと変化させます。作るのに慣れているかたであれば、一番良いタイミングはガスの火をつけたままでも良いので、煮立つ直前に火をとめると一番おいしく出来上がるかと思います。

ボクも作ってみましたが、慣れていないと、簡単なように見えても意外と難しい!

美味しいものを食べるのって苦労するもんだなとつくづく思いました。

あとがき

f:id:menekidaimaou:20170331232123j:plain

味噌汁の健康効果をボクが意識しだしたのは、職場に味噌汁が大変好きな方がおられ、その方の血色がいつも良好でツヤッツヤ!なお顔をいつもされていて健康そのものなんですね。

聞くと、1日に3~4杯は飲んでいるとのこと。ただ塩分を摂りすぎないように他のものを食べる際には注意しているそうです。

自分が健康になるためには、健康な方の生活習慣を真似てみるのも有効かも知れませんよ。

【スポンサーリンク】

プライバシーポリシー