読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

納豆は腸内細菌を増やす効果や効能が高い!|コレステロールを下げる働きも!

 

f:id:menekidaimaou:20170402152914j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

皆さんは納豆が好きですか?

ボク免疫大魔王も大好きで、1日1パックずつ食べています。

納豆の菌の納豆菌は、「土壌菌」の仲間であり、腸内環境の改善に一役買っているので

 すが、それ以外の効果・効能が高いようで、よく言われますのが、コレステロールや中性脂肪値を下げる働きがあるのだとか・・・。

今回は、その納豆の効果・効能についてお話していきましょう。

【目次】

納豆の健康効果・効能とは!?

f:id:menekidaimaou:20170402153902j:plain

納豆はコレステロール値を下げるか!?

ボクと同じような年代になりますと、コレステロール値や中性脂肪値が気になる方が増えてきます。

それらを改善し、数値を下げる食品として有効なのが納豆になります。

「ナットウキナーゼ」という成分を知っていますか?

この成分が血栓を溶かし、血液をサラサラにしてくれるとされています。

要するに、コレステロールを下げてくれる働きをするのです。

これらの血栓予防のために、納豆を積極的に食べる人が増えているようです。中には、ナットウキナーゼのサプリメントまで登場して、飲んでいる方も・・・。

ナットウキナーゼの血栓融解作用とは!?

血栓と聞きますと、大変イメージが良くないのですが、血栓は出血を止める大事な役割をします。ただ、不要になった血栓は、プラスミンという物質によって分解されるのですが、このプラスミン同様、血栓融解要素となるのがナットウキナーゼなのです。

血栓が原因となって引き起こす病気、脳卒中や心筋梗塞などを予防してくれる働きを持ちます。

納豆菌の種類と働き

f:id:menekidaimaou:20170402155704j:plain

納豆菌は土壌菌の仲間

納豆菌は土の中にいる「土壌菌」の仲間になります。

厳密に言いますと、「枯草菌」と言い、この菌が大豆を発酵させてできるのが納豆なわけです。

枯草菌は硬い殻に覆われているために、胃酸や胆汁などの消化液に強く、生きて腸まで届きます。そして腸に到達すると、殻を破って腸にいる仲間たちを刺激して、腸内を活性化するのです。

日和見菌の仲間でもある納豆菌

よく、善玉菌と悪玉菌とか言われますが、腸内の一番の最大勢力は「日和見菌」になります。

腸内細菌を善玉菌、悪玉菌、日和見菌と大きく分類しますと、善玉菌は全体の約20%を占め、悪玉菌は10%で、その差が10%しか変わりません。ところが、日和見菌は約70%を占め、腸内の最大勢力であることが分かります。

★関連記事:納豆は日和見菌の仲間

 

www.menekidaimaou.com

つまり、最大勢力である日和見菌を味方に付けることが、良好な腸内フローラを形成するには不可欠の条件になります。

納豆には、日和見菌を増やして、腸内フローラの活動力を高める働きがあるのです。

納豆を毎日食べて、良好な腸内フローラを作ろう!

f:id:menekidaimaou:20170402172459j:plain

選ぶ際の注意点

納豆を毎日食べる方が増えているようです。

多い方で、毎日3パックほどを食べる方もいらっしゃるようですが、どうやら納豆なら何でも良いというわけでもなさそうです。

まず、使用されている大豆は、出来るだけ国産のものを選んで食べると良いでしょう。

外国産の大豆は、遺伝子組み換えのものがあるので、そこは確認して下さい。

 

上手く納豆と付き合って、腸内の日和見菌を増やし、良好な腸内フローラを作りましょう。

あとがき

f:id:menekidaimaou:20170331232123j:plain

納豆はボクも大好きな食べ物の一つですが、アトピーの症状が酷かった頃に積極的に食べていた記憶があります。

最初は仕方なくだったのですが、そのうちに健康効果を期待して食べるというより、納豆の味自体がだんだん好きになっていきました。

ただ、いくら健康効果が高いとは言っても、食べ過ぎややりすぎは何事もよくありません。納豆ではないのですが、以前、ヨーグルトを自作して、食べ過ぎて、ヨーグルトの成分の一つである「ガゼイン」のアレルギーになったことがあります。何でもそうですが、程度を考えて上手く食べるようにしたいですね。

 

 

【スポンサーリンク】

プライバシーポリシー