読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

乳酸菌でガンを克服|NK細胞を活性化させる乳酸菌の効果とは!?

f:id:menekidaimaou:20170325192749j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

近年の日本人のガンの増加には驚かされますが、それもその筈で私たちの食生活を始めとする環境には、ガンになっても全くおかしくないような環境となっています。

食生活の欧米化から始まって、過剰なストレスで不調を訴える人が増加していて、自分

 も他人事ではないなと思う昨今でもあります。

ボクも、36歳の時にアトピーを発症して、今でこそ完治しかかってますが、今の世の中はガンなどの生活習慣病になってもおかしくないようなことになっています。

ただ、ガンの予防や改善に乳酸菌が有効なことが最近の研究で分かってきています。

では、ガンなどの生活習慣病にならずに健康に過ごすにはどうしたら良いか?

それについてお話していきましょう。

【目次】

ガン細胞とは!?

f:id:menekidaimaou:20170325194832j:plain

ガン細胞と正常細胞の違い

人間の体は細胞からできています。がんは、普通の細胞から発生した異常な細胞のかたまりです。

正常な細胞は、体や周囲の状態に応じて、ふえたり、ふえることをやめたりします。例えば皮膚の細胞は、けがをすれば増殖して傷口をふさぎますが、傷が治れば増殖を停止します。一方、がん細胞は、体からの命令を無視してふえ続けます。勝手にふえるので、周囲の大切な組織が壊れたり、本来がんのかたまりがあるはずがない組織で増殖したりします。

がん細胞を実験動物に注射すると勝手に増殖を開始し、大きなかたまりをつくります。正常な細胞ではこのようなことはありません。


引用:国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方向けサイト

URL:http://ganjoho.jp/public/dia_tre/knowledge/cancerous_change.html 

1日に5000個誕生するガン細胞

上の引用のように、正常な細胞と違い、恐ろしいガン細胞ですが、もっと恐ろしいのは

実は、健康な人であっても1日に5000個ものガン細胞が体の中には誕生していると言う事が言われています。

でも、ほとんどの方がガンにならずに済んでいるのは、私たちの体には「免疫細胞」というものが存在しています。最近よく聞く「NK細胞」(ナチュラルキラー細胞)と呼ばれるものは免疫細胞の代表格となりますが、これらが私たちの体中に散らばっていて、四六時中、ガン細胞やインフルエンザなどのウィルスの侵入を見張っています。

そして、敵を発見すると、チームプレイで敵を撃退します。

それで私たちはガンなどの大きな病気にならずに済んでいるのです。

NK細とは!?

f:id:menekidaimaou:20170325200622j:plain

NK細胞の働き

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)は免疫細胞の中でも、最も重要な働きをする細胞とされています。

NK細胞は、ウィルス感染や体に異常な細胞が発生した際に、すぐにそれらを攻撃する初期防衛機構として働きます。

これらの細胞は常に私たちの体の中をパトロールしていて攻撃、排除する働きをするのが種々の白血球です。これらはそれぞれが独自の機能を持っていて、チームプレイによって病気を未然に防いだり、治したりしています。

自然免疫と獲得免疫

私たちの体の免疫細胞には大きく分けて2種類あり、それは「自然免疫」と「獲得免疫」です。

自然免疫は、体にもともと備わる防衛力であり、体に入ってきた病原体と直接戦う前線部隊となります。これらは24時間休まず体を守り続けています。

f:id:menekidaimaou:20170325202655p:plain

獲得免疫は、自然免疫で防ぐことが出来ない時に出て行って戦う精鋭部隊となります。

一度得た情報をもとに戦うので効率良い戦いが出来ます。

これらには全部名前がついており、

●NK細胞(ナチュラルキラー細胞)

●マクロファージ

●ヘルパーT細胞

●好中球

●B細胞

●キラーT細胞

と大雑把に、こういう構成となっていて、チームプレイでガン細胞を攻撃し、殺すことでガン化や感染の拡大を防いでくれているのです。

 

乳酸菌が免疫細胞を活性化

f:id:menekidaimaou:20170325203029p:plain

腸は最大の免疫器官

NK細胞をはじめとする免疫細胞はその6~7割が腸に存在します。免疫細胞に元気に働いてもらうためには、腸の健康は欠かすことが出来ません。

元気な腸には、元気な免疫細胞が存在します。反対に腸内フローラの状態が良くない腸には悪玉菌が増えやすく、当然ガン細胞が育ちやすい土壌になりがちです。

その元気な免疫細胞が活躍できる土壌の腸内環境の向上には乳酸菌は欠かすことが出来ません。口から入った乳酸菌は主に小腸で免疫細胞と出会い、活性化することにより、ガンなどの病気にならずに健康に過ごすことが出来るのです。

★関連記事:NK細胞を活性化させる凄い乳酸菌を知っていますか!

www.menekidaimaou.com

 

生活習慣の改善が良好な腸内環境をつくる!

f:id:menekidaimaou:20170325204309j:plain 

改善策1.とにかく笑う

現代はストレス社会と言われます。

ストレスの全く無い場所は”墓場”だけと言われるぐらいどこへ行っても、遊んで暮らせる身分でない限りは、たいていの方がいろんなストレスから逃れることが出来ません。

ただ、そのなかで気持ちの持ち方次第で、気持ちを開放することが出来ます。

もし、あなたが気持ち的に行き詰まっているのであれば、心の底から笑えるような工夫をしてみて下さい。

「そんな簡単じゃないんだよ!」と思われるかも知れませんが、同じ場面に遭遇しても

楽天的に考えるのと、悲観的にしか見れないのとでは、精神的な負担は天と地ほど違います。実際に人によってそういう差がでるのは事実です。

バランスの取れた食事

食事は私たちの体を創る大切なものです。

ファーストフードやコンビニ弁当などの食事では健全な体を創ることが出来ません。

発酵食品、低カロリー、高食物繊維の食生活を心掛けましょう。

f:id:menekidaimaou:20170324234551j:plain

質の良い睡眠

眠りは健全な代謝促進の重要な要素になります。

私たちの体は、昼間の活動により、思ってる以上に疲労しています。

f:id:menekidaimaou:20170325210125j:plain

「酸化と還元」というのを中学の時に理科で習ったかと思いますが、人間の体にもそれと同じことが起こっています。酸化した体は休息することにより、還元させなければなりません。そうして、翌日また、元気に活動できるのです。

出来れば最低7時間以上、深い眠りを得られるよう工夫をして下さい。

 

このように、生活習慣の改善でガンなどの病気は防ぐことができます。

それぞれで工夫して、お互いに健康に過ごしましょう。

【スポンサーリンク】

プライバシーポリシー