読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

庭の草むしりで土壌菌に触れて、菌活しています!これは免疫力高まる!

f:id:menekidaimaou:20170322214123j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

先日のある休日のこと。

ボクは、奥さんに催促されてしぶしぶ庭の草むしりをやることになった。

最初は、嫌々やっていたが、「あっ!これは土壌菌に触れられていいかも!」と気が付き、ボクは夢中で庭の草むしりに没頭した。

 そう言えば、この菌活ブームもあってか、最近は土壌菌のサプリまで発売されているそうですね。

今回は、その庭の草むしりがどうだったのか?また、草むしりや庭の作業によって

土壌菌に触れることが具体的にどのような健康効果があるのか、お話していきます。

【目次】

草むしりでの発見

f:id:menekidaimaou:20170322215633j:plain

当たり前だが、草むしりは素手でやる。

手袋なんて履いていたら、せっかくの土壌菌に触れる機会をミスミス逃してしまう。

ただ、ずっと素手で草を抜いていると、手が痛くなってくるのだが、そこは少々、手が黒く土で汚れようが、傷が付こうが、ガマンの子で頑張るわけだ。

そのうち、腰が痛くなってきたが、最初は義務感だった草ぬきも、菌活の一環だと思えば楽しくもなってくるというもの。

もうちょっと頑張ってみよう。

いろいろな雑草

しばらく抜いていると、クローバーを発見。

「あっ!これは抜かないで」って奥さんが言ってたな。

うちではモルモットを飼っているので、クローバーはそいつの大好物のエサになる。

f:id:menekidaimaou:20170322222158j:plain

 また、抜きにくい厄介な雑草もある。この季節だと、大きな雑草はまだ生えていなくて、このような小さな雑草がほとんどであるが、これがまた、小さい割に根がしっかり張っているので、抜きにくいのなんの・・・雑草の生命力には本当に感心させられる。

f:id:menekidaimaou:20170322222351j:plain

また、うちは芝生を植えているのであるが、芝生のふりをした、一見芝生と見分けがつきにくいこういう雑草もある。

f:id:menekidaimaou:20170322222753j:plain

これって、この雑草が生き抜いていくための知恵であったり工夫なんでしょうね。

本当に逞しいし、感心してしまう。草ぬきで自己啓発できるなんて思わなかったデス。

 

そんなに広い庭ではないので、3時間もすればほとんどの雑草は抜けてしまった。

そろそろ終わりにするか・・・

 

奥さんからは「ありがとう」と言われた。

でも、半分やらされとは言え、ボクにとっては有意義な時間となった。

大事なのは、素手で土にふれることによって土壌菌にふれること。その土壌菌を体内に取り込むことで、腸内の有用菌を増やすことが可能なようです。 

土壌菌の有用性とは!?

f:id:menekidaimaou:20170322223957j:plain

腸内環境の改善は外からの菌を体内に入れること

私たちの腸内には、約3万種、1000兆個の腸内細菌が棲んでいるとされています。

ただ、現代は清潔にしすぎて除菌や殺菌の影響もあり、昔と比べ、腸内細菌が減少している傾向にあるようです。

腸を元気にして、腸内環境を良くするには、外から菌を入れることが不可欠だと言います。そのために効果的なのが、「土壌菌」と言い、土の中にいる菌なのです。

でないと、ボクがわざわざ草むしりを喜んでするわけもありません。

アトピーなどのアレルギーにも影響

もし、あなたが、アトピーなどのアレルギー疾患を持っておられるのなら、土の中の土壌菌に触れることをおすすめします。

実は、このようなアトピーなどのアレルギーは先進国ならではの症状であり、発展途上国ではあまり見かけないそうです。原因は何でも、清潔にしすぎて、除菌をし、その結果、私たちの体に有用な菌まで取り除いてしまっているのです。

f:id:menekidaimaou:20170322225937j:plain

そういう方こそ、家庭菜園を始めてみるとか、ボクのように毎週ごとに草むしりを積極的にやってみるとかでも良いでしょう。 

腸内細菌の博士がすすめる土壌菌の摂取

実は、腸の健康のことを語ったらこの方の右に出るものはいないという、藤田紘一郎先生と言う方が専門家の先生がいらっしゃるのですが、この方が大変面白い方で、「腸」の健康のお話のほうで大活躍されています。

この先生は、健康の為にお腹の中で「サナダムシ」を飼っていたこともあることで有名です。

その、藤田先生の書かれた数多くの腸内細菌に関わる本の中でも、ボク免疫大魔王のおススメがこの本になります。

藤田先生著のおススメの本

この本はボクも持っていて、既に読み終えていますが、腸内細菌の事が事細かに、分かり易く書かれていて、すぐにでも実践したくなります。

「なるほど!」と理解と納得できる内容となっています。

土壌菌サプリ「マメビオプラス」


藤田先生おすすめの、乳酸菌を含む腸内細菌(土壌菌)がバランスよく含まれた大豆発酵食品です。

ついにサプリメントもここまで来たかという感じですが、どうしても土に触れるのが苦手な方は、こういうサプリメントが有効かと思います。

実際に飲まれているかたの口コミも大変好評のようですし、子供さんが飲んでも良いようです。

まとめ

f:id:menekidaimaou:20170322233442j:plain

農業に従事していたりする方であればともかく、現代は土に触れる機会がめっきり少なくなっているかと思います。首都圏に住まれている方にとってはかなり難しいかと思います。

ボクの場合は、たまたま庭の草ぬきだったのですが、このように土の中の菌、土壌菌に触れて、腸内細菌を活性化させ、増やすというのが大切になってきますので、皆さんの合うやり方で、是非菌活をやってみられてはいかがでしょうか。

【スポンサーリンク】

プライバシーポリシー