読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

乳酸菌は小腸に効き、ビフィズス菌は大腸に効きます!正しい菌活をしましょう!

f:id:menekidaimaou:20170315212224j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

便秘やアレルギーなどのお悩みの改善として、腸内環境の改善は欠かすことの出来ないテーマです。そのために、ヨーグルトやサプリントなどで、乳酸菌やビフィズス菌を摂られている方が増えてきています。

ただ、きちんと効果・効能を理解して摂っているか言うと、

 「何となく、腸に良さそうだから…」

「飲めばいいって聞いたから…」という感じで、摂っている菌がどこで、どのように効き目があるのか、あまり理解していない方も少なくないようです。

それでは、せっかく乳酸菌やビフィズス菌を摂っていても、効果は思うような効果が期待できませんので、今回は、乳酸菌やビフィズス菌の効果的な摂取方法についてお話したいと思います。

【目次】

乳酸菌とビフィズス菌は働く場所が違う

f:id:menekidaimaou:20170315213509j:plain

乳酸菌とビフィズス菌は同じものだと思われている方が多いようですが、両者は、その菌の特性も、活動する場所も全くの別物になります。

乳酸菌は酸素のある場所でも生きていけますが、ビフィズス菌は酸素のある場所では生きていくことが出来ません。

要するに、乳酸菌は私たちが酸素を吸う口に近い小腸で活動し、ビフィズス菌は口から遠い大腸で活躍するわけです。

これは、私たちが食べたものの消化と吸収のメカニズムがどのような構造になっているのかが理解できると大変わかりやすいかと思います。

消化のメカニズムを理解しよう!

消化は十二指腸と小腸

f:id:menekidaimaou:20170315222520j:plain

私たちが食べたものは、大きく分けると、炭水化物、タンパク質、ミネラル、脂質、食物繊維になります。

例えば、ご飯やパンのような炭水化物を噛んで咀嚼することにより、唾液が麦芽糖に分解し、タンパク質はポリペプチドという物に分解されます。

胃の中には胃液という強酸性の消化液があり、胃の煽動運動とともに食べ物をペースト状にします。

そこである程度消化された食べ物は、今度は十二指腸まで行き、そこでは、胆汁酸と膵液によって食べ物をドロドロに溶かし、ポリペプチドはアミノ酸に、麦芽糖はブドウ糖に、脂質は脂肪酸に分解されます。

小腸と大腸で栄養分を吸収

実は、アミノ酸やブドウ糖や脂肪酸はほとんど小腸で吸収され、大腸では、水分やミネラルが吸収されます。ほとんどは小腸で吸収されてしまうのです。

ところが、腸内環境の悪化で、小腸の中の悪玉菌が増えすぎてしまうと、小腸の働きが阻害されてしまい、吸収がうまくいかなくなるのです。

また、小腸にはNK細胞を始めとする免疫細胞の6~7割が集まっています。腸が最大の免疫器官と言われるのはそれを指しています。

要するに、乳酸菌を摂ることによって、善玉菌が活性化し、小腸が健全に働くことによって腸内環境が改善されると、免疫力が高まるというわけです。

 

小腸を通り過ぎると、最後には大腸に到達します。

大腸では、小腸で消化しきれなかった栄養素や、カリウム、ナトリウムなどのミネラルが吸収されます。

大腸にはほとんど酸素が無い状態ですので、ここで活躍するのが酸素のあるところで生きられない、ビフィズス菌です。

善玉菌の代表であるビフィズス菌が悪玉菌を抑えて優勢になると、大腸の働きが正常になり、便秘や下痢にならなくなります。

 

つまり、便秘や下痢でお悩みの方であれば、ビフィズス菌を積極的に摂るようにし、花粉症などのアレルギーや、体力が落ちていて、風邪などを引きやすい方は乳酸菌を積極的に摂るようにすれば、効果的だと言われています。

 

www.menekidaimaou.com

このように、乳酸菌とビフィズス菌は働く場所も違えば、その特性も違ってきますので、お悩みに合ったものを選ばれると良いでしょう。

加齢により、減ってしまうビフィズス菌と乳酸菌

f:id:menekidaimaou:20170315230812j:plain

年を重ねるにつれて、特に中高齢者の場合は、大腸のビフィズス菌が減ってくると言われています。だからこそヨーグルトや発酵食品で乳酸菌を補ってやり、ビフィズス菌を増やしてあげることが必要になってきます。

www.menekidaimaou.com

摂り出して1か月は様子を見る

日本には、別の記事でもご紹介してますように、ヨーグルト以外の乳酸菌の豊富な食品がたくさんあります。それらを積極的に摂るように心掛けましょう。

また、乳酸菌やビフィズス菌のサプリメントを活用するのも効果的です。ただし、乳酸菌やビフィズス菌は摂ったからと言って、すぐに効果が表れるものではありません。

また、自分にフィットする菌とそうでない菌があります。なぜなら腸の中の腸内細菌の構成は人それぞれ違うからです。

その乳酸菌が自分に合ってるかどうかを判断するには、最低1か月は摂ってみて様子を見たほうが良いと言えるでしょう。

【スポンサーリンク】

プライバシーポリシー