免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

【スポンサーリンク】

腸内環境を改善したい人はオリゴ糖を摂ろう!オリゴ糖は乳酸菌やビフィズス菌を元気にします!

f:id:menekidaimaou:20170312102913j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

 ボクも相変わらず頑張って菌活をしていますが、腸内環境を改善する乳酸菌やビフィズス菌を元気にしてくれる働きを持つ「オリゴ糖」の効果が見直されていて話題になっています。

 オリゴ糖は聞いたことはあるけど、実際にどのようなもので、どのような効果・効能をもたらしてくれるのかは、分からないと言う方が多いと思います。

今回は、そのオリゴ糖についてお話していきますので、最後まで見てやって下さい(#^^#)

【目次】

乳酸菌とオリゴ糖の関係とは!?

f:id:menekidaimaou:20170312104127j:plain

ビフィズス菌を増やす働き

オリゴ糖は、ビフィズス菌を増やすと言われており、お腹の調子を整える働きをします。腸内でビフィズス菌などの善玉菌のエサとなり、それをエサとした善玉菌は腸内を活発に動き回り、有害細菌やバクテリアの増殖を抑制し、腸内環境を健全に保ちます。

実際にオリゴ糖を乳酸菌を含む食品と一緒に摂取することによって、より高い相乗効果を生み出すことが判っています。 

なぜ、特産品グルメサイトがオリゴ糖をお勧めすることになったのか?  

オリゴ糖を豊富に含む食べ物とは!?

オリゴ糖を豊富に含む食べ物はたくさんあります。

★オリゴ糖を多く含んだ食べ物

オリゴ糖を多く含んだ食品 100gあたりの含有量
ヤーコン 8.0
きな粉 7.0
ゴボウ 3.6
玉ねぎ 2.8
エシャロット 2.8
納豆 2.0
ハチミツ 1.5
ニンニク 1.0
バナナ 0.3


意外にも、オリゴ糖を一番多く含む食品のランキング1位はヤーコンでした。

ヤーコンは南米アンデス原産のキク科の根菜です。

地下部にはサツマイモ似のイモが出来ます。近年の研究の結果、葉部、根部ともに、オリゴ糖などの驚くほどの健康成分を含むことでTV番組等のメディアで紹介されたのをきっかけに、大きな話題を呼んでいます。

ヤーコンは世界の野菜の中で一番多く、フラクトオリゴ糖を含んでいます。

また、オリゴ糖の他にポリフェノールも豊富に含むため、美容に気を使っておられる女性は積極的に摂ってほしい食品となります。

f:id:menekidaimaou:20170312113740j:plain

 

加熱して増やせるオリゴ糖

上の表を見て頂いても分かりますように、オリゴ糖の食品い含まれる量はほんのわずかしかありません。含有量1位のヤーコンでも8/100です。ただ、オリゴ糖は調理法で一工夫することによって増やせることが判っています。

★オリゴ糖を増やす方法とは!?

デンプンが分解されることでオリゴ糖は作り出されます。デンプンは酵素のチカラで分解されるとオリゴ糖になるんです。なぜかはわかりませんが凄いですよね!

その、デンプンをオリゴ糖に変えてくれる方法が加熱です。 

玉ねぎは炒めることでオリゴ糖アップ!

f:id:menekidaimaou:20170312115652j:plain

たまねぎを炒めると、飴色になりますよね。あれはオリゴ糖が増えているということらしいんです。たまねぎに含まれているオリゴ糖は炒める事によって分子が細かくなって

ビフィズス菌が食べやすくなるようなんです。

 

他にも、バナナであれば焼きバナナにして食べるとか、加熱の調理の仕方に一工夫加えることでオリゴ糖の量を増やすことが可能ですので、皆さんで工夫されると良いでしょう。 

ヤーコンに豊富に含まれるフラクトオリゴ糖

f:id:menekidaimaou:20170312123003j:plain

 

善玉菌に作用するフラクトオリゴ糖

ヤーコンに含まれるフラクトオリゴ糖は、善玉菌には作用しますが、ウォルシュ菌などの悪玉菌には作用しない選択機能を持つとされています。

そのように選択機能を持つ特性のため、整腸作用を助け、便秘やダイエットに大変効果があります。また、脂質を抑制する働きもあるため、動脈硬化や高脂血症の予防などにも役立っています。

また、砂糖と違って甘みはわずかではありますが、虫歯の栄養源になりにくいという特性を持ちます。

 

フラクトオリゴ糖と乳酸菌を効果的に摂ろう!

f:id:menekidaimaou:20170312124517j:plain

 

両方一緒に摂ると相乗効果が大きい!

これまで解説してきましたように、オリゴ糖はビフィズス菌のエサとなり、腸内環境を改善する働きを持つため、乳酸菌と一緒に摂ることで、相乗効果がアップします。

これは、便秘の改善だけではなく、美容・ダイエットにも絶大な効果を発揮します。

カイテキオリゴってどんなもの?

フラクトオリゴ糖の働きと健康への影響

フラクトオリゴ糖は天然に存在する砂糖に類似した糖質甘味料ですが、消化酵素で消化されない性質を持っています。このため、血糖は上昇させず、エネルギー量も砂糖の半分程度です。さらにフラクトオリゴ糖はビフィズス菌などの有用菌を増加させ、大腸菌などの有害菌を減少させるなどして腸内環境を改善し、健康の保持増進や疾病の予防などに寄与しています。また、カルシウムや鉄などの腸管からの吸収などを促進するなど様々な働きを持ち、健康と深くかかわっています。フラクトオリゴ糖は、毎日少量を繰り返し摂取することによって期待する働きを発現します。


引用:健康美容EXP オリゴ糖ブームのパイオニア素材 フラクトオリゴ糖

http://www.e-expo.net/information/origo/(参照 2017-3-12)

このように大変な健康・美容効果が高いため、美容やダイエットに頑張っておられる方は積極的にオリゴ糖と乳酸菌を摂取すると良い効果が得られるのではないでしょうか。

妊娠中・ダイエット中でも使える健康食品

プライバシーポリシー

免責事項