免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

漬け物の乳酸菌パワーがスゲエぞ!どんな健康効果が期待できる?

f:id:menekidaimaou:20170307213534j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

 

日本が世界に誇る(大げさ)乳酸菌と言えば、やはり漬物でしょう!

乳酸菌が豊富な発酵食品は世界中にありますが、日本ほど乳酸菌食品の種類や数が多い国はなかなか無いんじゃないかと言うぐらい発酵食品が豊富です。

いつもながら、ボク免疫大魔王の「強引・ぐ・マイウェイ」なレビューになってしまいますが、 その漬物の乳酸菌効果に期待できる効果・効能や、ボク免疫大魔王のおススメの漬物もご紹介いたします。

【目次】

強い!漬物に漬物に含まれる乳酸菌のパワー

f:id:menekidaimaou:20170307215816j:plain

ボクも以前はそうだったのですが、乳酸菌と言えば「ヨーグルト」や「チーズ」のような乳製品をイメージしてしまっていましたが、日本には、ぬか漬け、柴漬け、すぐき漬けなどの漬物類から、味噌や醤油など大豆を発酵させてできるものもあり、乳酸菌は様々な発酵食品に含まれています。

 

では、今回の話題の主役の漬物には、どのような乳酸菌が含まれているのでしょうか?

 

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌

乳酸菌には大きく分けて2種類あり、それは「動物性乳酸菌」「植物性乳酸菌」です。

 

動物性乳酸菌は、主にヨーグルトやチーズなどの乳製品を母体にして発酵を行うものであり、それらに多く含まれる乳酸菌になります。

動物性乳酸菌は腸に届くまでに、そのほとんどが胃酸や胆汁などの消化液の影響を受けて、死滅してしまいます。ただ、死滅したからと言って無駄になるわけではありません。腸内でビフィズス菌などの善玉菌のエサとなり、善玉菌を活性化させる働きを持ちます。

 

f:id:menekidaimaou:20170307223248j:plain

植物性乳酸菌は、味噌や醤油などの大豆発酵食品や、すぐき漬けや柴漬けや古漬けなどの穀物や野菜を母体にして発酵する乳酸菌になります。

これらは、強い塩分や胃酸にも耐えるほどの強さを持ち、生きたまま腸まで届きます。

それで、直接ビフィズス菌などの善玉菌を刺激し、活性化させ、大変良好な腸内環境を形成します。

 

漬け物に含まれる乳酸菌は植物性乳酸菌になりますが、漬け物に含まれる乳酸菌にもいくつかの種類があります。

 

漬け物に含まれる乳酸菌

ラクトバチルス・プランタラム菌

胃酸や胆汁などの消化液にも負けず、生きて腸まで届く乳酸菌。整腸作用があり、お腹の調子を整える働きのほか、免疫力を高めるチカラや、アレルギーの原因となる、免疫バランスの改善によるアレルギー症状の改善効果が期待できる。 

エンテロコッカス・フェカリス菌

球菌と言われる菌体で、一度にたくさんとることが出来る乳酸菌。一般的な乳酸菌と比べて、菌体が小さいため、狭いところまで届き健康維持が期待できる。 

ューコノストック・メセンテロイデス菌

乳酸以外にも、酢酸を産生するため、漬物に酸味をつくる働きがある。腸内を酸性にする特性があり、整腸効果が期待できる。

 ラクトバチルス・ブレビス菌

別名ラブレ菌。京都の上賀茂地区で栽培されるすぐき漬けから発見された、酸や塩分に対して、ものすごく強い耐性を持つ。免疫力の向上に有効な効果を発揮。 

www.menekidaimaou.com

 

ベディオコッカス・ベントサセウス菌

グラム陽性の球菌で、ホモ乳酸発酵をする。免疫力の向上の他に、メタボを防止する効果がある。胃酸に強く、生きて腸まで届く。

 

こうやって見てみると、漬け物の乳酸菌には、大変頼もしいパワーが期待出来そうですね。でも、漬物って物凄くたくさんの種類があります。そこで、今回は、ボク免疫大魔王のおすすめの漬物を何点かご紹介します!

 

免疫大魔王おすすめのお漬物4点

べったら漬け(東京都)

 根の麹漬けの一種で、東京都を代表する名産品と言われています。

表面についた甘酒の麹がべとべとしているところから、この名が付いたようです。
毎年10月19日、20日に、宝田恵比寿神社がある日本橋界隈では、べったら市が開かれ東京・日本橋界隈の秋の恒例行事となっています。
 
ぽりぽりした食感と淡白な味が特徴です。
 
見た目がたくあんと似ていますが、たくあんとは、大根を干さずに漬け込むところが大きく違う点です。

かぶらずし(石川県)

 かぶらずしはかぶらに切り込みを入れて、そこにブリやニンジンなどを挟んで発酵させたなれすしです。

金沢の冬季を代表する料理で、正月料理としても出されます。
となりの富山県ではブリでなく、主にサバを使います。

 

すぐき漬け(京都)

 京都の上賀茂地区で栽培されたのが発祥とされています。カブの変種であるすぐきかぶらの葉と、かぶらを原材料とします。葉や茎は鼈甲色や飴色になり、かぶらは黄色がかった乳白色になります。

息が白く見える冬が、最も美味しいとされる漬物です。

あの「ラブレ菌」が発見され、今や全国的に有名になりました。 

奈良漬け(奈良県)

白瓜、胡瓜、西瓜、生姜などの野菜を塩漬けにし、酒粕に漬けた漬物です。

西暦700年代から粕漬けという名で存在しており、平城京の跡地から、粕漬瓜と記された納品伝票が発見されています。
鰻の蒲焼きに奈良漬けの組み合わせは定番です。

鰻の蒲焼で重くなった口をさっぱりとさせ、胃の働きを活発にして、胸やけを抑える働きがあります。

 

今回はここまでですが、まだまだ日本全国にはたくさんの漬物があります。

皆さんも、ご自分にお好みの「マイ・フェイバリット・ザ・漬け物」を探して見られたらいかがでしょうか!

 

【スポンサーリンク】

プライバシーポリシー

免責事項