読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

急増する潰瘍性大腸炎を克服する食事や乳酸菌の摂り方は!?

f:id:menekidaimaou:20170303220330j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

 

私たちの体には、免疫力というものが備わっていて、それは、ウィルスや病原菌を排除し、身体を守ってくれる頼もしい存在です。しかし、異物を排除するために、異常に働く免疫機能が活発化すると、白血球が過剰に働き、本来であれば、異物を処理するための物質を過剰に排出して炎症を起こしてしまうのです。

 

そのように免疫機能に異常が生じて、自分自身の粘膜を異物とみなして攻撃し、傷つけてしまう症状が、最近増加の傾向にある、「潰瘍性大腸炎」です。そのような性質は花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状と似たところがありますね。

 

実は、この潰瘍性大腸炎の原因はよくわかっていなくて、複数の要因が重なって起こる症状のようです。

 

でも、実際にその症状になってしまっている方に取っては、大変深刻ですので、治癒・改善させるためには、どのような対策が考えられるか調べてみました。

 

【目次】

潰瘍性大腸炎を乳酸菌で改善

ビフィズス菌BB536が効果あり!

潰瘍性大腸炎の軽度~中度の患者の方14人にこビフィズス菌BB536を治療薬とともに6か月間摂取してもらったところ、10人の方に、症状の改善が見られたという報告があります。

 

 

ビフィズス菌BB536が含まれるヨーグルト

 

ただ、上の写真のような、市販のヨーグルトでは効き目が無いようで、改善するためには、直接菌末を摂取しないと難しいようです。その摂取量は1日あたり2000億~3000億必要ですので、ヨーグルトでの改善は現実的ではありませんね。

 

あとは、ビフィズス菌BB536の入った乳酸菌サプリメントを摂取して様子を見るとかの方法も有効でしょう。 

オメガ3とオメガ6のバランスが大切です!

オメガ6、オメガ3とは?

オメガ6とは、紅花油とかの市販の植物油に多くふくまれています。それに対し、オメガ3は青魚に含まれていたり、亜麻仁油に多く含まれています。

 

オメガ6が炎症を促す働きがあるのに対し、オメガ3は炎症を抑制する働きがあります。

f:id:menekidaimaou:20170303225816j:plain

特に戦後の食生活の欧米化により、肉食が増加したのは皆さんもご承知の事と思います。肉を食べる事自体は悪い事ではないのですが、肉は食べるけど、魚は食べないということになってしまいますと、オメガ6の摂取量が増え、オメガ3が減少し、これが免疫系のバランスを崩す原因になっていると言われています。 

オメガ6とオメガ3をバランスよく摂る

肉食の増加や、魚を食べないことによるバランスの崩れを解消するには、肉を食べる量を減らし、魚を食べること。特にイワシやサンマなどの青魚をたくさん摂るようにするとか、亜麻仁油や、エゴマ油、シソ油を摂るようにして下さい。

f:id:menekidaimaou:20170303230622j:plain

 

この、青魚に含まれるDHA・EPAや、亜麻仁油、エゴマ油に含まれるαオレイン酸は細胞が正しく機能するためには不可欠であるということがわかっています。

 

これらをバランス良く摂ることにより、炎症を抑えられますし、そうすれば、崩れてしまった免疫のバランスを整えることが出来るとされています。

 

ボク免疫大魔王は、潰瘍性大腸炎の症状はありませんが、アトピー持ちです。原因が免疫のバランスの崩れというところは、潰瘍性大腸炎のアトピーも似たところがあるように思うのです。自分の免疫が自分自身を攻撃してしまうなんて、本当に厄介だなあと思いますが、これらを克服するには、気長に体質改善に取り組むしかないように思います。 

 

けっして、焦る必要はないんです。ボクのアトピーは子供の頃からの症状ではなく、36歳の時に発症したものです。突然の体の異常に、焦り、うろたえたのを覚えています。

 

考えてみれば、ハードな仕事のストレスを解消するために、毎晩のように飲み歩き、睡眠も十分に摂らないまま、また仕事に行くという悪循環でした。ムチャクチャな生活で、そりゃ、免疫バランス崩れるわ!ってところですね。

 

アトピーも潰瘍性大腸炎も長い間、時間をかけて症状が進行してしまったように思います。時間をかけてなってしまったものは、時間をかけて治すしかありません。

潰瘍性大腸炎に関するまとめ

f:id:menekidaimaou:20170303231427j:plain

こうして見てみますと、花粉症やアトピーなどのアレルギー疾患も、潰瘍性大腸炎も近年増えてきた疾患となります。

 

ボク免疫大魔王はアトピーの体質ですが、食物繊維や、乳酸菌などをしっかり含んだ食事を摂ることにより、だいぶ症状は改善されてきています。あと少しで完治のところまできています。

 

ボク免疫大魔王が思うに、薬などの治療はあくまでも「対症療法」であり、根本的な解決にはつながらないかと思います。真の根絶治療とは、食生活を中心とした生活習慣の改善であり、それによる「体質改善」ありきかなと思います。

 

このサイトを見に来てくれた皆さんや、お知り合いの方で、このような症状でお悩みの方のお役に少しでも立てて、症状が改善され、笑顔で過ごせれるようにボク免疫大魔王は応援しています!どうか、焦らすに、でも、確実に、頑張って潰瘍性大腸炎を克服して下さい!

 

【スポンサーリンク】

プライバシーポリシー