免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌や発酵食品など、その可能性はガンや精神疾患をも治せるパワーを秘めています。正しい知識を知り、菌活で健康になりましょう!

乳酸菌の活性化について|生きた菌だけが有効なのか?

f:id:menekidaimaou:20170226154504j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

 

乳酸菌は私たちの腸内環境を整えてくれ、良い状態にしてくれます。

 

ただ、よく聞かれるのが、

「生きて腸まで届く菌じゃないと、意味がない!」

とか、

「ヨーグルトの乳酸菌は腸に届くまでに死滅してしまうので食べるだけ無駄!」

 

というご意見を聞くことがあります。

 

 

本当に生きた菌じゃないとダメなのか!?

ヨーグルトの菌はほとんどが死んでしまうのは本当なのか!?

 

ちょっと調べてみましょう。

【目次】

 

生菌と死菌の違いとは?

口から摂取した乳酸菌は、生きて腸まで届くものと、腸に届くまでに、胃酸や胆汁などの消化液の影響を受けて死滅してしまうものとに分かれます。

 

生きた菌の事を「生菌」と言い、生菌は悪玉菌の栄養源となるタンパク質を取ったり、腸管粘膜に付着することによって、悪玉菌の増殖を抑え、腸内細菌のバランスを正常化する働きをします。

 

その反対で、死滅した菌の事を「死菌」と言います。死菌だからと言って決して邪魔になるとか、何の効果も無いとか言うのとは決してなく、死菌は腸内でビフィズス菌のような善玉菌のエサとなり善玉菌を活性化させます。例えれば水溶性食物繊維のような働きをする訳です!

 

最近のある食品メーカーの研究や開発により、敢えて一番良い状態で熱処理を行い、死菌にすることによって、腸内で免疫細胞と出会った時に最高のコンディションで働く乳酸菌が出てきています。

 

 

乳酸菌が悪玉菌の増殖を抑える

鍵を握る日和見菌の存在

ボク免疫大魔王も、つい最近まで勘違いをしていましたのが、善玉菌が増える事により、悪玉菌が死滅して腸内環境を健全に保つものだと思い込んでいました。

 

f:id:menekidaimaou:20170226162336j:plain

実は、悪玉菌は死滅することなく、生きていますし、悪玉菌と名の付くぐらいなので、腸内に悪影響ばかり及ぼす存在かと思えば、そうではなく悪玉菌もきちんと良い働きをするもので、必要悪だという事です。例えれば、昔、小学校ぐらいの時にどこのクラスにも「ガキ大将」が居たと思うのですが、そのような存在なのです。

 

ガキ大将は普段は、その存在があるからこそクラスが活気付きます。悪玉菌も同じで、要は、大暴れして腸内の秩序を保てるようにするのが腸内バランスを健全に保つことになります。

 

 

そのために、忘れてはいけないのが「日和見菌」の存在です。

日和見菌は、善玉菌優勢な健全な腸内環境の時は、何もせず大人しいのですが、宿主の人間の体調などが悪化し、腸内環境が悪くなると、悪玉菌の味方に付き、様々な悪影響を及ぼします。

 

善玉菌、悪玉菌、日和見菌の割合とは!?


上のグラフは、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の腸内での数の割合を表したものですが、

ご覧になってお分かりかと思いますが、圧倒的に日和見菌の数が多いですよね!

 

つまり、普段から、善玉菌を元気にして、日和見菌が悪玉菌の味方に付かないように、また、悪玉菌の勢いを抑えるのが大切な訳です。

 

乳酸菌はそのために働いてくれています。生菌でなくても死菌でも、というより

死んでまでも、私たちのために働いてくれてるんだと思うと、何だか神秘的な感動を覚えてしまいます。

  

www.menekidaimaou.com

普段からの食生活の改善を心掛けましょう

生菌と死菌の話をしましたが、これはボク免疫大魔王も心当たりがあるのですが、普段の生活習慣が整ってなく、夜更かしや、タバコの吸いすぎ、大量の飲酒などや、休日は外も出ず、家の中でゴロゴロし、身体を労わらない生活習慣でありながら、ヨーグルトの菌が死菌だから役に立たないのどうのこうのというのは、都合が良すぎる気がするんです。

f:id:menekidaimaou:20170226165501j:plain

やはり、普段からバランスの良い食生活や、質の良い睡眠を確保するとか、適度に運動をするとか「自己管理」をして、それでも足りない部分をヨーグルトやサプリメントなどの乳酸菌でカバーするのが乳酸菌の正しい摂り方だと思うのです。

 

 

【スポンサーリンク】

プライバシーポリシー

免責事項